東北大学 東北大学 大学院工学研究科・工学部 化学・バイオ系

化学工学専攻 化学工学専攻 - 反応プロセス工学分野 DEPARTMENT OF CHEMICAL ENGINEERING - REACTION PROCESS ENGINEERING

価値を生み出す反応プロセス

価値を生み出す反応プロセス

化学反応や生物反応を利用し、現状では廃棄物となっている未利用資源を、価値の高い医薬品や食品、化学品に効率的に変換する技術(反応プロセス)を開発しています。例えば、稲わら等から医薬品を、廃食用油から界面活性剤や燃料を創り出します。開発した技術は、国内や海外の企業と連携して実用化を進めています。

価値を生み出す反応プロセス

主な研究テーマ

未利用油資源からの機能性化学品の製造技術の開発

廃食用油などの廃棄物や油脂産業の未利用資源から化成品原料や軽油代替燃料(バイオディーゼル)となる脂肪酸エステルを効率的に製造する技術の開発を行っています。既に実用レベルの大型装置が種子島で稼働しており、製造された燃料が非常に高品質で、現状ではコモンレール式エンジンでもトラブルなく利用できています。

未利用資源からの機能性食品の製造技術の開発と用途開拓

油脂産業の未利用資源からビタミンEやステロールなどの生理活性物質を効率的に分離回収する技術の開発や、殺菌作用を持つバイオマス由来界面活性剤(シュガーエステル)などを効率的に製造する技術の開発に取り組んでいます。得られた製品の生理活性や界面活性などの機能評価を行うことで、新たな用途開拓も進めています。

未利用資源からの機能性食品の製造技術の開発と用途開拓
非可食資源を原料とする医薬品や化粧品の製造技術の開発

天然由来の薬用エステルは、現在、天然物に数%含まれるものを抽出、精製することで製造されており、非常に高価です。草や木などの非可食バイオマス資源中の成分を温和な条件でのソフト分解で取り出し、これを選択的にアルコールと反応させて目的の薬用エステルに変換する技術の開発と、その機能評価に取り組んでいます。

非可食資源を原料とする医薬品や化粧品の製造技術の開発