東北大学 東北大学 大学院工学研究科・工学部 化学・バイオ系

化学・バイオ系の概要 化学・バイオ系の概要 ABOUT

東北大学 大学院工学研究科・工学部 化学・バイオ系とは

大学院工学研究科の3専攻(応用化学専攻、化学工学専攻、バイオ工学専攻)
ならびに環境科学研究科(先端環境創成学専攻応用環境学コース)から構成されています。

化学・バイオ系とは

教育・研究

化学・バイオ系における学部教育の最も大きな特徴は、応用化学系・化学工学系・バイオ工学系のカリキュラムを分割することなく、一体教育を行っていることです。すなわち物質・材料系、プロセス系、生物工学系の教育を同時に行い、しかも学生が個々の適性に合った専門分野に進み得るように配慮し ている点です。化学・バイオ工学科2年次以降の専門教育カリキュラムは、工学共通科目および学科専門科目(必修ならびにコース選択科目)の積み上げ方式をとり、化学・バイオ系共通の基礎的内容から順次、より専門的に分化していく体系をとっています。学科専門科目は応用化学コース、化学工学コース、バイオ工学コースの3コースに分類され、学生が授業科目を選択する上できめ細かい指導がなされています。

大学院においては「基礎となる学識を養う」ことはもちろんですがこの他に「研究能力の涵養」が目標となっています。この点に関して、化学・バイオ系大学院では東北大学のモットーとする「研究第一主義」、すなわち「研究の現場での教育」という立場を一貫して実践しています。