東北大学 東北大学 大学院工学研究科・工学部 化学・バイオ系

バイオ工学専攻 バイオ工学専攻 - 応用有機合成化学分野 DEPARTMENT OF BIOMOLECULAR ENGINEERING - APPLIED ORGANIC SYNTHESIS

有機合成反応と機能性有機分子の開発

有機合成反応と機能性有機分子の開発

金属試薬と塩基の電子的・立体的性質を巧みに利用した革新的な合成反応の開発,メタノールとエタノールなど炭素原子1つの違いをも識別できる高性能分離材料の開発,遷移金属錯体触媒やレアメタルの分離精製などに利用できる機能性分子の創成などに挑戦しています。有機合成化学,ホスト-ゲスト化学に関する研究やその融合により,持続可能な社会の発展に貢献します。

有機合成反応と機能性有機分子の開発

主な研究テーマ

革新的合成反応の開発

金属試薬と塩基の電子的・立体的性質を巧みに利用した反応の開発に取り組んでいます。とくに,アルケン類を二酸化炭素と反応させてアルケンカルボン酸を実用的な収率で合成することに世界で初めて成功しました。また,医薬品や化成品の合成に有用なアルケンボロン酸類を安価なアルケンから合成することにも成功しました。

革新的合成反応の開発
高性能分離材料の開発

形や大きさが似ている有機分子を分離する技術は,私たちの生活に欠かせない医薬品,農薬,電子材料などを製造するうえで大変重要です。我々は,有機分子(ゲスト)を捕まえることができる環状ホスト分子の結晶を使って,メタノールとエタノールなどの炭素原子1つの違いや異性体の構造を精密に識別し,さらには,捕まえるゲストを自在に制御可能な高性能分離材料の開発をおこなっています。

高性能分離材料の開発
機能性分子の創成

有機合成化学とホスト-ゲスト化学を巧みに融合すると,様々な物質生産プロセスに貢献できる機能性分子を生み出すことができます。我々は,今までになかったオリジナルな機能性分子設計法を見出しており,これを利用することで医薬品・化成品の合成に有効な高性能遷移金属錯体触媒や鉱石・使用済み電子材料から回収されるレアメタルの分離材料の開発に成功しています。

機能性分子の創成