東北大学 工学部 化学・バイオ工学科

学科紹介

4年次化学工学コース

持続可能な社会構築に向け優れた化学製品を効率良く、
環境にもやさしく製造できる「つくり方」を開発します

我々の身の周りには様々な化学製品があふれています。 皆さんご存知の化学繊維、プラスチック、ガソリンなどは代表的な化学製品ですが、 それだけではなく食品や医薬品の製造にも化学が使われています。鉄鋼、セラミックス、 プラスチック等の様々な素材、それらを組み合わせて作られる自動車、家電品、 パソコンや携帯電話に至るまで化学の力なくして、我々の日常生活は成り立ちません。

本コースでは、化学が関わる様々な製品を新たに作り出すための手法や技術を追及するだけでなく、 効率良く、エネルギー面、経済的にも優位に生産するための「化学プロセス」を開発しています。 持続可能な社会を構築する上でもう一つ大事な視点は、地球環境に負荷をかけることなく良質な製品をつくることです。

我々はこのような視点に立って、化学産業に実装可能なグリーンプロセスを開発することにも注力し、研究を進めています。 例えば、エネルギー有効利用を目指した燃焼技術の開発、高機能材料プロセスの開発、 新材料開発のための数値シミュレーション、バイオマス資源の高効率利用、超臨界状態を利用する新規物質製造プロセスなど、 世界最先端の技術を結集させて、持続可能な社会の実現に貢献する先駆的化学プロセスを創造する研究を推進しています。

「化学工学」という学問の醍醐味は、 ナノという微小なサイズ領域から化学プラントのように大規模なスケールまで様々なサイズ領域を対象とできる万能さと、 モノづくりに関わる様々な化学反応、物理現象を数値により定量的に考える点にあります。

さあ、みなさんも化学工学コースで学び、化学産業の発展に直結する新たな化学プロセスの開発に携わってみませんか?

在学生の声

荒木 耀一さん

化学工学コース4年

荒木 耀一朗さん

愛媛県立今治西高等学校 出身

役に立つ新技術を世に送り出したい

太古の時代から活用されていながら、まだ謎が多い「炎」に興味を持ち、燃焼に関する研究室がある化学工学コースを選択しました。 卒業研究では、カーボンブラック(すす)の形態の制御と比較に関する研究をしています。

タイヤやインクの材料として活用されているカーボンブラックは、その形態が製品の寿命や品質に大きく関わることが分かっています。 そこで、形態がどんな因子によって影響を受けているのかを検証しています。 条件を変えながら何度も実験を繰り返し膨大な量のデータからまとめる作業は大変ですが、これまで学んだ基礎知識を生かしながら、4年間の集大成を形にするべく頑張っています。

化学製品の製造プロセスを大局的に考え学ぶことができることが化学工学コースの特長だと思います。 自分が研究に関わった技術が、将来新しい製品に応用されることを目標に、これからも努力していきたいです。

応用化学コース
化学工学コース
バイオ工学コース
大学院で身につく力 修士課程
大学院で身につく力 博士課程
卒業後の進路
学科案内へ