東北大学 工学部 化学・バイオ工学科

卒業生の進路卒業生の進路

卒業後の進路

一体教育の強み!

東北大学工学部は世界のセンター・オブ・エクセレンスを目指し、 学部1年次から大学院までの一貫教育を想定したカリキュラム編成を行なっています。 このことを反映して、本学科の卒業生のおよそ90%は大学院に進学します。 進学先としては工学研究科(応用化学専攻、化学工学専攻、バイオ工学専攻)ばかりでなく環境科学研究科(先端環境創成学専攻)への道も用意されています。

これらの化学・バイオ系大学院は、国内、海外アジア地域の大学と連携した大学の世界展開力強化事業キャンパスアジアプロジェクトの一翼を担い、文部科学省の博士課程教育リーディングプログラム「グローバル安全学トップリーダー育成プログラム」や「マルチディメンジョン物質理工学リーダー養成プログラム」、「卓越した大学院拠点流動ダイナミクス知の融合教育研究世界拠点」にも参画するなど、化学・バイオに関する世界トップクラスの教育・研究活動を展開しています。

また、当学科の「一体教育」は、化学・バイオ技術に関わるきわめて広範な産業分野に柔軟に対応できるものとなっています。事実、本学科の卒業生は、大学院博士課程前期・後期を経て、化学、電気・通信・精密機器、自動車・機械、鉄鋼金属、建設、エネルギー、食品、医薬などの産業界や官公庁などで技術者・研究者として社会の第一線で活躍しています。本学科の卒業生の柔軟な対応能力は産業界においてきわめて高い評価を受けています。

学科卒業後の進路(学部)
学科卒業後の進路(学部)
産業別就職先内訳(博士課程後期)
産業別就職先内訳(博士課程後期)
産業別就職先内訳(博士課程後期)
産業別就職先内訳(博士課程後期)

就職支援もIT化で充実!

化学・バイオ工学科では、専用webページで企業からの求人票、会社説明会の申込が随時可能となり、就職活動する学生は、就活情報を24時間リアルタイムで閲覧できるなど、充実した就職支援を行っています。

幅広い分野で活躍!

<学部卒業生・大学院修了生の過去2年間の主な就職先> (順不同)

  • DIC
  • DOWAホールディングス
  • IHI
  • JCU
  • JFEエンジニアリング
  • JFEケミカル
  • JFEスチール
  • JSR
  • JXTGエネルギー
  • NISSHA
  • P&G Japan
  • SMBC日興証券
  • SOLIZE Products
  • SUMCO
  • 旭化成
  • 旭硝子
  • アサヒビール
  • 味の素
  • アルパイン
  • アルプス電気
  • イーエヌ大塚製薬
  • イチネンケミカルズ
  • 出光興産
  • 伊那食品工業
  • 宇部興産
  • 大阪ガス
  • オルガノ
  • 花王
  • カネカ
  • 川研ファインケミカル
  • 関西ペイント
  • 関東化学
  • キヤノン
  • キヤノンメディカルシステムズ
  • 京セラ
  • 協和発酵キリン
  • 金陽社
  • クラレ
  • 栗田工業
  • 神戸製鋼所
  • コニカミノルタ
  • 材料科学技術振興財団
  • サントリーホールディングス
  • サンメーケミカル
  • 資生堂
  • 七十七銀行
  • 昭和シェル石油
  • 昭和電工
  • 信越化学工業
  • 新日鐵住金
  • 新日鉄住金エンジニアリング
  • 新日鉄住金化学
  • スズキ
  • 住化分析センター
  • 住友化学
  • 住友金属鉱山
  • 住友重機械工業
  • 住友商事
  • 住友精化
  • 住友電気工業
  • 生化学工業
  • 星光PMC
  • 積水化学工業
  • 積水フーラー
  • ゼブラ
  • 千住金属工業
  • タイガースポリマー
  • 大日本印刷
  • 太陽ホールディングス
  • 中外製薬
  • 千代田化工建設
  • ディスコ
  • テクノプロ
  • 東京ガス
  • 東北電力
  • 東洋インキ
  • 東洋インキSCホールディングス
  • 東レ
  • 東レエンジニアリング
  • トヨタ自動車
  • ニコン
  • ニチハ
  • 日油
  • 日揮
  • 日産化学工業
  • 日産自動車
  • 日清製粉
  • 日新製薬
  • 日東紡績
  • ニプロ
  • 日本カーバイド工業
  • 日本ガイシ
  • 日本化薬
  • 日本製紙
  • 日本ゼオン
  • 日本フィルコン
  • 日本ミシュランタイヤ
  • パナソニック
  • 浜松ホトニクス
  • 日立化成
  • 日立製作所
  • 藤森工業
  • 古河電気工業
  • 北陸電力
  • 堀場テクノサービス
  • 本田技研工業
  • 松田産業
  • 三井化学
  • 三菱ガス化学
  • 三菱ケミカル
  • 三菱重工
  • 三菱マテリアル
  • 村田製作所
  • 森永乳業
  • ヤマハ発動機
  • 横浜ゴム
  • ライオン
  • リコー
  • レジェンド・アプリケーションズ
  • ロボット
  • ワールドインテック
  • ワンテーブル・ライフプランニング
  • NPO法人 natural science
  • 日本学術振興会
  • 気象庁
  • 茨城県
  • 郡山市
  • 仙台市
  • 東京都
  • 福島県
  • 北海道
  • 山形県
  • Jahangirnagar University
  • 東北大学
  • 名古屋大学
  • 横浜市立大学

卒業生の声

卒業生

小野寺 真里さん

修士

パナソニック株式会社
先端研究本部

学部卒業年:平成21年
化学・バイオ工学科
(バイオ工学コース)卒

美しい杜の都で世界に通じる総合力を!

東北大学での学生生活は私の青春そのものです。 美しい「杜の都」仙台の街でサークル活動や研究に没頭し、たくさんの仲間や先生に恵まれました。 本学科の良いところは、有機・無機・バイオ・化学工学の全てを網羅して勉強でき、 「総合力」を身につけることができるところだと思います。 卒業後に就いた研究職では「新しいものを創り出す“創造性”」が求められますが、 総合力を身につけて世界No.1の技術を発信し、日本の未来を共に創りましょう!

卒業生

石川 桃子さん

修士

ヤマハファインテック株式会社
カーパーツ事業部

学部卒業年:平成25年
化学・バイオ工学科
(応用化学コース)卒

自分の興味のある分野で、化学の総合力を活かす!

本学科の魅力は、何と言っても「応用化学・化学工学・バイオ工学」すべての科目を同時に学ぶ環境が整っているところだと思います。この環境で、化学系技術者としての広い視野を身につければ、どんな課題であっても柔軟に対応していくことができます。授業や研究活動での広範囲な経験が、解決の糸口を教えてくれるからです。皆さんも、自分の興味のある分野で、化学の総合力を活かす。そんな将来を思い描いてみませんか。
私は、幼いころから続けてきた楽器・音楽の世界で、自分が好きな「化学」の仕事をしています。業務範囲は多岐に渡りますが、大学で学んだ化学の総合力を活かして業務に向き合うことができていると感じます。化学を学んで、将来何をするのか。皆さん自身の「答え」をぜひ化学・バイオ工学科へ探しにきてください。

卒業生

楠瀬 泰弘さん

博士(工学)

味の素株式会社
イノベーション研究所
基盤技術研究所 上席研究員

学部卒業年:平成元年
化学工学科
(現 化学工学コース)卒

人類社会に貢献できる大きい仕事をしよう!

私は高校時代から化学が好きで、将来は漠然と化学に携わる仕事に就きたいと考えていました。入学時は応用化学と化学工学の違いを理解していませんでしたが、双方の講義を受講する中で、自らの適性を見極め、化学工学科を選択しました。東北大学は化学系として一括募集していますので、じっくり考えて選択出来ることが魅力です。化学工学は幅広く、工場や研究所での生産、建設、プロセス設計等の仕事を通じて、食糧問題、環境問題、医療問題といった現代が抱える多くの課題解決に繋がる可能性を秘めています。実にドラマチックだと思いませんか?皆さんも東北大学で技術者としての礎を磨き、次代の地球人として、未来に大きく羽ばたいて下さい。

卒業生

熊谷 将吾さん

博士(環境科学)

東北大学大学院
環境科学研究科助教

学部卒業年:平成22年
化学・バイオ工学科
(応用化学コース)卒

化学に秘められた無限の可能性を楽しもう!

化学・バイオ工学科で学んで感じた魅力は、応用化学、化学工学、バイオ工学の研究室が集まっているということ。 高校で学ぶ化学の概念にとらわれない幅広い視野を養う環境が、学部生のときから整う学科だと思います。
研究では、自分が思い描いた通りの結果が出ないことが多く、挫折を経験することもあるでしょう。 しかし、その失敗が引き金となって新しい発見が生まれたり、解決につながったりすることがあるのです。失敗を恐れず、まずは行動を起こすことが大切です。
化学・バイオ工学科は、化学に興味がある人であれば誰でも学びや研究が楽しめる場所。いろんなジャンルの研究者がいるため、研究の自由度は無限に広がります!

卒業生

小野 公徳さん

博士(工学)

東レ株式会社
複合材料研究所

学部卒業年:平成22年
化学・バイオ工学科
(化学工学コース)卒

イノベーションは化学から!

みなさん、飛行機や車は何でできているかご存知ですか?
鉄などの金属を思い浮かべる方が多いかもしれません。最近の飛行機の半分は、炭素繊維が入ったプラスチックでできています。鉄よりも軽くて強いので、機体が軽くなり、燃費が良くなり、CO2削減にも大きな効果があります。この”素材”には世界を大きく変える力があります。”素材”を作るには、化学の力はもちろん、物理、数学、時には生物の知識を総合的に駆使しなければなりません。この化学・バイオ工学科では3年生まで、これらの専門を講義・演習・実験を通じて学ぶことができます。みなさんも化学・バイオ工学科で広く、深い知識を身に着け、イノベーションを起こしましょう!

卒業生

菅原 静郎さん

工学博士

JX金属株式会社
執行役員

学部卒業年:昭和57年
化学工学科
(現 化学工学コース)卒

広範囲な研究・技術の経験がその後のキャリアに!

高校時代に化学が好きだったことが一番の志望動機だが、より産業につながりの深い学問を学びたいと考え工学部化学系を志願した。実際には大学院で材料化学を、助手時代には電気化学のテーマを研究し、広範囲な研究/技術分野を経験したことがその後のキャリアに大きく影響した。会社に入ってからも多くのプロジェクトなどに携わることが多かったが、化学系における様々な経験が非常に役に立ったことは間違いない。なぜなら、化学系で学んだことは製造プロセスを考えるうえで有益な指針を与えることができるベースの学問だからである。将来様々な分野/世界で活躍することを考えている人は、是非、東北大学工学部化学・バイオ系を志願してほしい。

学科案内へ