東北大学 工学部 化学・バイオ工学科

学科紹介

4年応用化学コース

原子・分子レベルで物質・材料の構造と機能、素反応
プロセスを化学する、それが、私たち応用化学です!

これまでにない新しい素材や材料の合成、またそれらの性質や機能を評価する新しい分析技術の開発には、 原子・分子レベルで、物質・材料の構造と機能、素反応プロセスを1つ1つ明らかにすることがとても大事になります。 みなさんが高校で学んだ化学の知識がふんだんに活かされています。

本コースでは、化学反応の高度制御のための、新プロセス・分析手法の開発に取り組んでいます。 例えば、高圧・マイクロ波化学プロセスや真空化学プロセス、触媒化学プロセス、電気化学センサーなど、いずれも世界をリードするものばかりです。

また、研究対象とする物質や材料も、「えっ、これも化学なんだ」と思うほど、高校までの化学とはだいぶ印象が違います。 無機、有機分子はもちろん、金属、半導体、セラミックスから生体材料まで、ナノ粒子や超薄膜といったそれらの構造や形態も含めると、多岐にわたっています。

こうした研究の成果は、今、社会で関心が高まっているIoT技術や資源・エネルギー、環境保全技術等の発展に大きく貢献するものです。 わたしたち応用化学コースは、みなさんには、当コースの教育研究を通じて培った“化学の目”を武器に、物質・材料の構造や物性・機能を解明し、 新たに開拓していくことのできる“化学”研究者として、社会で活躍してくれることを願っています。

さあ、みなさんも応用化学コースで、新しい物質・材料をつくりだす“化学の知”を創造してみませんか?

在学生の声

在学生の声

応用化学コース4年

宮﨑 幸辰さん

岩手県立盛岡第一高等学校出身

卒業研究での新しい発見が楽しい

私は、より研究の選択肢が多いと感じた応用化学コースに進みました。 卒業研究では、材料が持っている特性を利用して、 熱と電気を直接変換する熱電変換技術を応用した新しい半導体の開発に関する研究を行っています。

熱電変換技術は、これまで無駄に捨てられていた廃熱を再び電力に変換して利用できる技術として、 省エネや温室効果ガス排出削減に向けた活用が期待されています。 未開拓な部分が多いこともあって、実験をするたびに新しい発見があり、毎日楽しく研究しています。

中学生の頃から化学が好きで、「化学の力で社会貢献したい」という夢を持っていました。 大学で学びながら、さまざまな現象が化学と関わりがあることを実感し、その奥深さをあらためて感じています。 大切にしていることは、自分の意志を強く持つこと。 卒業後は大学院に進み、研究を通してさらに専門的な知識を吸収していきたいです。

応用化学コース
化学工学コース
バイオ工学コース
大学院で身につく力 修士課程
大学院で身につく力 博士課程
卒業生の進路
学科案内へ