東北大学 工学部 化学・バイオ工学科

学科紹介

東北大学 工学部 科学・バイオ工学科紹介

化学を究めて
地球の今と未来を描こう

地球環境や生命活動のメカニズム、人々の暮らしや産業の発展など、 私たちを取り巻くあらゆることが化学と強く関わっています。 そして、地球や私たちの未来のために、化学が果たす責任はますます大きくなっていくことでしょう。
これまで人類が探究してきた化学を学び、かけがえのない未来を創る場所。 それが、東北大学工学部化学・バイオ工学科です。

「カタチ」あるところに化学あり!

3コース一体教育から生まれる
オールラウンドプレーヤー

化学は「形」あるところすべてに関係する学問です。 そのため、私たちの学科はすべての学生が幅広い分野を学びながら自分の適性にそって専門に進むことができる「一体教育」を行っています。 学科には応用化学・化学工学・バイオ工学の3 コースがありますが、3 年次まではすべての学生がおなじカリキュラムで学ぶため、 社会に就職後も専門分野にとらわれず幅広く活躍できる人材育成を行っています。

基礎から専門へ向けた多様な学び
―学生実験、 演習、 研修―

基礎から専門へ向けた多様な学び

学部1年生では主に人文系、自然科学系、語学など多様な講義を受講し、研究する意義、 目的を深く理解するための広範な知識を身につけます。

それらの知識を習得した上で、 学部2年から3年にかけて化学やバイオに深く関連した講義を受講することになります。 一方、これらの講義で身につけた知識を、考えるための道具として適切に使うには訓練が必要です。

化学・バイオ工学科では、自ら手を動かして深く考える場となる「演習」、 実験あるいは習得した知識を聞き手にわかり易く説明する訓練の場となる「研修」、 今後の研究活動に直結する化学反応、物理現象を深く理解するための「学生実験」、 研究活動と産業とのつながり、および研究の社会的意義を理解するための「特別講義」等を通じて、 社会の第一線で活躍できる研究者、技術者への成長を促します。

  • 1年次 in 川内北キャンパス
  • 2 年次 in 青葉山キャンパス
  • 3 年次 in 青葉山キャンパス

基礎の習得

研究室での研究体験

研究室での研究体験

入学して間もない学部1年生には、青葉山キャンパスの研究室で研究を体験する機会が与えられます。全学教育科目(共通科目)の基礎ゼミや、専門教育科目の創造工学研修がこれに相当します。

大学院生や学部の先輩と一緒に実験や数値解析を進めることで、大学において研究がどのように進められているのかを知ることができます。例えば基礎ゼミ「燃焼によるエネルギー変換-噴霧燃焼を理解する-」では燃焼実験が実施されました。

基礎ゼミには化学・バイオ工学科以外の工学部生、さらには工学部以外の学生も参加可能であり、学生間の交流を広げる良い機会ともなります。

数学物理学演習

数学は、物理や化学を理解するために重要となる場合が多くあります。 化学・バイオの分野においても、実験データの分析や実験結果の解析において、 数学的な取り扱いが不可欠です。

さらに、最適な実験条件・操作条件を決定したり、 装置を設計したり、コンピュータシミュレーションを駆使したりするためには、 現象を定式化する必要があり、高度な数学的手法が要求されます。 数学物理学演習では、理論的思考の基盤となる数学を、 演習問題を通して実践的に取り組むことによって理解します。

ここで身につけた演算能力、論理的思考力は、将来の研究活動において高度な分析・解析を行う際に役に立ちます。

数学物理学演習

いよいよ化学・バイオの専門科目へ

講義(2~3年時)

いよいよ化学・バイオの専門科目へ

学部1年までに習得した知識をもとに、物理化学、無機化学、有機化学、化学工学、生物化学などの講義を2年次に受講します。 3年次にはそれらの科目を細分化しさらに深く掘り下げた講義を受講することになります。

講義の多くは3年次前期から始まる「学生実験」とも密接に関連付けられていて、受講内容が「学生実験」で再度確認できるようにカリキュラムが組まれています。

講義では身の回りにある製品や普段目にする現象との関連性についても説明するので、私達の生活が化学とバイオの力に支えられていることを強く認識するようになります。

専門、応用

化学実験の基礎を学ぶ

研究室での研究体験

研究における新しい発見は、従来知られてきた現象や知見との違いに気づくことから始まります。 教科書や文献を読み込んでも、この「違いに気づく力」は養われません。 学生実験では、自ら手を動かし様々な反応や現象を体感することで、 研究における「気づき」の重要性を理解できるようになります。

また、4年次以降の研究活動を安全に進めるには、様々な器具や装置の基本原理を知る必要もあります。 学生実験は、それらの器具や装置の基本操作を習得する場ともなります。

3年研修発表

研究活動において、新しい事象や知見を見出す能力と同じくらい重要になるのは、 研究成果を他の研究者に説明する能力です。 化学・バイオ工学科の3年生は本研修において、英文雑誌に掲載されている英語の文献を読み、 その内容を教員や学生に対して自分のことばでプレゼンテーション(口頭発表)することになります。

文献に記載されている重要な部分を限られた時間の中で紹介し、 聞き手の質問内容を理解して答えるという経験は、4年次以降の研究活動に大いに役立てられます。 また本研修は、4年生以上の先輩からのサポートを受けながら進めるため、 先輩方の普段の研究生活を知る良い機会にもなっています。

数学物理学演習
  • 1年次 in 川内北キャンパス
  • 2 年次 in 青葉山キャンパス
  • 3 年次 in 青葉山キャンパス
  • 4 年次

入学者の声

平成28年度

入学者の声

狩野見 秀輔さん

静岡県立清水東高等学校 出身

学部1年生の講義では、理系の科目以外にも、社会論や人間論など文系の科目も幅広く学びます。 物理や化学では高校で一度学習した授業もありますが、研究の現場で使われる専門用語や事例を交えた、より踏み込んだ内容になっています。 学部1年後期(第2セメスター)からは、実験が始まり、電気や有機化学など工学系実験の基礎やレポートの書き方の基本を身に付けることができます。 また「創造工学研修」では、実際に研究室を訪問し、そこで行われている実験などを体験することができました。 これからも様々なことを学んで、早く本格的に研究ができるようになりたいです。

平成27年度

入学者の声

稲葉 仁美さん

広島市立基町高等学校 出身

2年生は専門科目への移行時期であり、また演習はなく講義が中心となります。 1年次に受講した全学教育科目が減り、より専門性が高くなるので、1年次よりテストの重みが増します。 しかし、専門の講義は化学・バイオ工学科の教授の方々により行われるので、将来自分がやりたいことを見つけられる良い機会にもなります。 実際に友人とも、自分の将来についての話が多くなったように感じます。 また、2年生は比較的講義数が少なく、時間の自由度が高い時期です。 わたしは夏期長期休暇を利用して、オーストラリアへ短期留学に行きました。 2年生という時期を、いろんな意味で視野を広げる1年間としてみてはどうでしょうか。

平成26年度

入学者の声

楊 心怡さん

東北育才高校(遼寧省瀋陽市)出身

3年生になると、さらに専門的な講義や実験・演習があり、ほとんどの時間を青葉山キャンパスで過ごします。 実験は、2年生で学んだ専門分野の内容をもとに組まれているので、そのことを実験で確認しながら、より理解を深めることができます。 後期(6セメスター)では、英語で書かれた学術論文を一つ選んで、その内容を発表します。 専門的な用語やわからない内容は4 年以上の先輩に教えてもらいながら論文を読んでいきます。 初めて英語の論文に触れる機会であり、研究室の雰囲気を知ることができるので、 4年時に研究室を選択する際の重要な判断材料になっています。

3・4年特別講義

3・4年特別講義

3・4年特別講義講師

長濵 健治さん

博士(工学)


千代田化工建設株式会社

学部卒業年:昭和63年
化学工学科
(現化学工学コース)卒

世界で活躍する即戦力としての期待

私たちが目にする多種多様な素材や食品、医薬品、エネルギーの製造には、化学装置を使います。 発電所と化学を結び付けるのは難しいでしょうか? でも本当です。 実際に僕は今、発電所の燃料のひとつ、天然ガスを液化して日本に運ぶための工場を海外に建設する仕事をしています。 地図に残る仕事を誇りに思っていますし、自分の子供にもそう話しています。 化学装置は様々な分野の専門家の英知を集めて作るものですが、化学を学んだ化学技術者はその頂点に位置し、最も尊敬を集める存在です。 僕は会社に入って僅か一年後にアフリカに赴任しました。世界で活躍する即戦力として、社会から大いに期待されているのです。

4年次

研究分野マップ

人々の暮らしや生態系を維持するために、「化学」が重要な使命を果たしてきました。 持続可能な社会の実現に向けて、わたしたちの未来のために、工学的視点に立った化学の教育・研究が果たす役割はますます大きくなるでしょう。

化学・バイオ工学科では、グリーン、エネルギー、バイオ、ナノマテリアルのテクノロジーに貢献する最先端の研究開発をしています。 地球規模の重要な課題を解決するために、応用化学(青)、化学工学(緑)、 バイオ工学コース(紫)の独創的研究要素を得意とする学問領域を融合してさまざまな取り組みを推進しています。

応用化学コース
化学工学コース
バイオ工学コース
大学院で身につく力 修士課程
大学院で身につく力 博士課程
卒業後の進路