本文へスキップ

東北大学大学院工学研究科 化学工学専攻 プロセス要素工学講座 材料プロセス工学分野


アクセス
 アクセス

総説・解説REVIEW PAPERS

2019年(令和元年)

題 目 チタン酸バリウムナノ粒子との複合化によるポリマー薄膜の高屈折率化
掲載誌 株式会社シーエムシー出版 透明高分子材料の高屈折率化と屈折率制御, (2019), 123-132
著 者 長尾大輔

2017年(平成29年)

題 目 チタン酸バリウムナノ粒子/ポリイミド複合化による透明ナノコンポジット薄膜
掲載誌 株式会社東レリサーチセンター 透明樹脂の高性能化と材料設計, (2017), 34-35
著 者 長尾大輔
題 目 Yolk/Shell 構造粒子
掲載誌 株式会社シーエムシー出版 高分子微粒子ハンドブック, (2017), 176-185
著 者 渡部花奈子、 長尾大輔
題 目 チタン酸バリウムナノ粒子との複合化による高屈折率コンポジット薄膜の作製
掲載誌 株式会社技術情報協会 光学樹脂の屈折率、複屈折制御技術, (2017), 217-222
著 者 長尾大輔

2016年(平成28年)

題 目 高屈折率透明ナノコンポジット薄膜
掲載誌 株式会社シーエムシー出版 ポリマーナノコンポジットの開発と分析技術, (2016), 177-184
著 者 長尾大輔
題 目 チタン酸バリウムナノ粒子との複合化による透明ナノコンポジット薄膜の作製について
掲載誌 MATERIAL STAGE 15(1), (2016), 31-35
著 者 長尾大輔

2014年(平成26年)

題 目 ゾル‐ゲル反応を利用した単分散粒子の合成
掲載誌 株式会社エヌ・ティー・エス ゲルテクノロジーハンドブック, (2014), 443-447
著 者 長尾大輔、今野幹男

2013年(平成25年)

題 目 耐熱性・高屈折率ナノコンポジット透明薄膜の作製
掲載誌 情報機構 樹脂材料の高耐熱化と設計・開発技術, (2013), 41-47
著 者 長尾大輔

2012年(平成24年)

題 目 チタン酸バリウムナノ粒子分散によるポリマー膜の高屈折率化
掲載誌 情報技術協会 透明性を損なわないフィルム・コーティング剤への機能性付与, (2012), 660-664
著 者 今野幹男、長尾大輔

2010年(平成22年)

題 目 チタン酸バリウムを高充填した高屈折率ナノコンポジット薄膜
掲載誌 MATERIAL STAGE 10(2), (2010), 68-70
著 者 長尾大輔、今野幹男

2008年(平成20年)

題 目 単分散磁性ポリマー粒子の合成と多機能複合粒子合成への新展開
掲載誌 有機分散系の分散・凝集技術, (2008), 262-267
著 者 長尾大輔、今野幹男
題 目 クリーンプロセスによる機能性微粒子の合成
掲載誌 化学工学会機能性微粒子分科会シンポジウムシリーズ 80, (2008), 9-16
著 者 今野幹男、小林芳男、長尾大輔

2007年(平成19年)

題 目 粒子合成と配列制御
掲載誌 粉体工学会誌 44, (2007)
著 者 今野幹男、長尾大輔、小林芳男
題 目 微粒子の自己組織化による超格子構造
掲載誌 化学 62(3), (2007), 70-71
著 者 長尾大輔、松本秀樹、今野幹男