研究業績 (Publications)

論文・著書・総説
  1. 学会発表 (Presentation)


平成30年度                                                                                           

  1. 上原千央
    酵母のストレス応答と Ca2+ 輸送体
    第29回万有シンポジウム 三地区交流ミニシンポジウム
    平成30年6月8日 仙台市 東北大学片平キャンパス

  2. 齋藤俊也,浜本晋,魚住信之
    Ca2+キナーゼの膜局在化に依存した植物のイオンチャネル活性制御
    第13回トランスポーター研究会年会 平成30年7月21-22日 福岡大学病院 福大メディカルホール

  3. 上原千央,浜本晋,星直美,笠原紳,魚住信之
    酵母のストレス応答に関わる陽イオン輸送体の機能解析
    第70回日本生物工学会大会 平成30年9月5-7日 吹田市 関西大学千里山キャンパス

  4. 魚住信之,辻井雅,狩野文香,解良康太,浜本晋,斎藤俊也
    駆動力形成を担うイオン輸送による光合成調節
    第70回日本生物工学会大会(シンポジウム)平成30年9月5-7日 吹田市 関西大学千里山キャンパス

  5. Shunya Saito, Shin Hamamoto, Nobuyuki Uozumi
    Dual lipidation on Ca2+-dependent kinases governs SLAC1-mediated stomatal closure
    International Symposium on Photosynthesis and Chloroplast Biogenesis 2018
    平成30年11月7-10日 岡山県 倉敷市民会館

  6. 上原千央
    酵母のストレス応答に関わる陽イオン輸送体の機能解析
    2018
    年度日本生物工学会北日本支部秋田シンポジウム 平成30年12月22日 秋田市 秋田大学手形キャンパス

  7. 魚住信之
    Optimum Control of Cellular Homeostasis in Photosynthetic Organism, Cyanobactria and Plant Cells
    プラズマフォーラム 平成31年1月21-22日 仙台市

  8. 東大起
    放射性同位体を用いた植物体内のイオン動態と膜輸送体の機能解析
    ELPH Symposium 2019
    平成31年3月1日 東北大学電子光理学研究センター

  9. 解良康太、永山達也、七谷圭、佐伯-矢本千香、富永昴、相馬聡、三浦のぞみ、武田幸太、茅森俊介、安藤英司、東恭平、木花将 、五十嵐一衛、魚住信之
    シアノバクテリアのバイオフィルム形成に関与するポリアミン合成酵素の解析
    第60回植物生理学会年会 平成31年3月13日 名古屋市 名古屋大学東山キャンパス

  10. 木村茉実、菅原慶太、佐藤緋奈子、早坂俊亮、小林弘、齋藤浩美、井原邦夫、浜本晋、魚住信之
    大腸菌のアデニル酸シクラーゼ遺伝子欠損株の機能解析
    日本農芸化学会2019年度大会  平成31年3月24日~27日  東京都 東京農業大学世田谷キャンパス

 


平成29年度                                                                                           

  1. Nobuyuki Uozumi
    Regulation of plant Cl channels and role of bacterial K/Cs transporters
    CSRSセミナー 平成29年6月6日 理研 横浜市

  2. 魚住信之,浜本晋
    酵母液胞TRPの機能と役割とオルガネラ輸送体の大腸菌を用いた解析
    第13回TRPチャネル研究会,平成29年6月22-23日,生理学研究所 岡崎市
            
  3. 柴田あすか, 上原千央, 星直美, 浜本晋, 魚住信之
    酵母における新規Ca2+輸送タンパク質の局在性と遺伝子発現の解析
    第12回トランスポーター研究会,平成29年7月8-9日,仙台市

  4. 上原千央,浜本晋,星直美,魚住信之
    出芽酵母の新規Ca2+輸送体の機能解析
    第12回トランスポーター研究会,平成29年7月8-9日,仙台市

  5. 辻井雅,解良康太,浜本晋,黒森崇,鹿内利治,魚住信之
    大腸菌を宿主細胞としたシロイヌナズナの K+/H+ アンチポーターの機能解析
    第12回トランスポーター研究会,平成29年7月8-9日,仙台市

  6. 齋藤俊也, 浜本晋, 内海俊彦, 守屋康子, 佐藤陽子, 野口寛人, 戸澤譲, 山内清司, 橋本研志, Jörg Kudla, 魚住信之
    CPK6キナーゼの膜局在化に依存した気孔閉鎖誘導チャネルSLAC1の調節
    第12回トランスポーター研究会,平成29年7月8-9日,仙台市

  7. Asuka Shibata, Shin Hamamoto and Nobuyuki Uozumi
    Characterization of novel calcium channels in Saccharomyces cerevisiae
    Tohoku University's Chemistry Summer School 2017, 平成29年8月21-22日,仙台市

  8. Nobuyuki Uozumi
    Uniquely evolved ion transport system conferring abiotic stress tolerance in bacteria and plant cell.
    Tohoku University's Chemistry Summer School 2017, 平成29年8月21-22日,仙台市

  9. 魚住信之
    生体金属の吸収,排出,循環を司る微生物と植物の膜タンパク質生体金属動態研究会
    平成29年8月26-27日,分子科学研究所 岡崎市

  10. 辻井雅, 解良康太, 浜本晋,  黒森崇,鹿内利治,魚住信之
    シロイヌナズナの Non-photochemical quenchingに関与するK+/H+アンチポーターの輸送活性の評価
    第69回日本生物工学会大会,平成29年9月11-14日,東京

  11. 解良康太、牧野恒平、永山達也、吉澤優一朗、中村謙介、重原武浩、七谷圭、鈴木石根、魚住信之
    塩ストレスバイオフィルム形成制御における二成分制御系の解析
    藍藻の分子生物学 平成29月1-2日 カズサDNA研究所 木更津市

  12. 狩野文香、解良康太、辻井雅、魚住信之
    ショ糖密度勾配遠心分離法によるN+/H+アンチポーターの細胞内局在性の解析
    藍藻の分子生物学 平成29月1-2日 カズサDNA研究所 木更津市

  13. Ellen, 星直美, 浜本晋,魚住信之
    大腸菌K輸送体KupのCs輸送活性の意義生体エネルギー研究会
    平成29年12月19-21日,京都市


  14. Nobuyuki Uozumi
    Examination of prokaryotic channel/transporter reveals eukaryotic membrane transport systemXXII
    International School of Pure and applied Biophysics. Jan 15-18, 2018, Venice Italy


  15. 石川航, 中鉢千尋, 牧野恒平, 渥美駿, 兵藤守, 早川芳宏, 解良康太, 魚住 信之
    Synechocystis sp. PCC6803の塩ストレス誘導性バイオフィルム形成を促進するc-di-GMP合成酵素Hik17の機能解析
    日本農芸化学会2018年度大会、平成30年3月15-18日、名古屋市


  16. 鈴木喬太,島田友輝,遠藤晃輔,浜本晋,魚住信之
    シロイヌナズナK+チャネル阻の害活性調節剤の探索第59回日本植物生理学会年会
    平成30年3月28-30日,札幌市


  17. 狩野文香、辻井雅、解良康太、魚住信之
    シアノバクテリアトランスポーターの局在性および機能解析
    第59回日本植物生理学会年会,平成30年3月28-30日,札幌市


  18. Eri Adams, Takae Miyazaki, Shunya Saito, Nobuyuki Uozumi, Ryoung Shin
    Cesium retards plant growth through specific inhibition of potassium influx via the AKT1 channel complex in Arabidopsis
    第59回日本植物生理学会年会,平成30年3月28-30日,札幌市




平成28年度                                                                                           

  1. Saito, S., Hamamoto, S., Sato, Y., Uozumi, N., Hashimoto, K., Kudla, J., Utsumi, T., Moriya, K., Tozawa, Y., and Yamauchi, S.
    Lipidation of Arabidopsis CPK6 promotes the plasma membrane targeting and the stomata closure mediated by
    activation of SLAC1 in Arabidopsis guard cells

    International workshop on Plant Membrane Biology. June 5-10, 2016, Annapolis USA

  2. Hamamoto, S., Yabe, I. and Uozumi, N.
    C-terminal cytosolic region of YVC1 is involved in regulation of calcium channel activity in yeast vacuolar membrane
    International workshop on Plant Membrane Biology. June 5-10, 2016, Annapolis USA

  3. Uozumi, N., Nanatani, K., Takano, Y., Shijuku, T., Zulkifli, L., Souma, S., Onai, K., Morishita, M., Ishiura, M.,
    Hagemann, M., Suzuki, I., Maruyama, H., and Arai, F.

    Distinct roles of the K transporters, Kdp and Ktr/Trk/HKT in cyanobacterium Synechocystis sp. PCC 6803
    International workshop on Plant Membrane Biology. June 5-10, 2016, Annapolis USA

  4. Oikawa,T., Ishimaru, Y., Takeishi, S., Matsuura, H., Takahashi, K., Hamamoto, S., Uozumi, N., Shimizu, T., Seo,
    M., Ohta, H., and Ueda., M.

    Wound-inducible GTR1 transporter is involved in JA-Ile translocation during wound response in Arabidopsis
    International workshop on Plant Membrane Biology. June 5-10, 2016, Annapolis USA

  5. 浜本晋, 矢部勇, 森泰生, 魚住信之
    ホスファチジルイノシトールリン酸による酵母液胞膜Ca<SUP>2+</SUP>チャネルTRPY1の活性調節機構の解析
    第89回日本生化学会大会,平成28年9月25-27日,仙台市

  6. Ellen, 星直美,蘇怡欣,七谷圭,浜本晋,魚住信之
    大腸菌K取込みトランスポーターKupの機能解析
    第68回日本生物工学会大会,平成28年9月26-28日,富山市

  7. 遠藤晃輔, 浜本晋, 魚住信之

    Inhibition of Arabidopsis K+ channel by flavonoids
    第58回日本植物生理学会年会,平成29年3月16-18日,鹿児島市

  8. 竹林昂亮,菊永英寿,加藤恵,横山隆亮,西谷和彦,渡部浩司,須田利美,黒森崇,石川敦司,堀江智明,鈴井伸郎,尹永根,河地有木,藤巻秀,樋口恭子,森泉,浜本晋,魚住信之
    シロイヌナズナのathkt1欠損株におけるNa, K循環と蓄積の解析

    第58回日本植物生理学会年会,平成29年3月16-18日,鹿児島市

  9. 吉澤優一朗, 解良康太, 永山達也, 七谷圭, 鈴木石根, 魚住信之
    Characterization of mutants of CheA-like histidine kinases and cognate response regulators in Synechocystis sp. PCC6803

    第58回日本植物生理学会年会,平成29年3月16-18日,鹿児島市

  10. 菅原慶太,早坂俊亮,浜本 晋,井原邦夫,斎藤浩美,小林 弘,魚住 信之
    浸透圧ストレスで誘導される大腸菌のフロック形成機構の解析

    日本農芸化学会2017年度大会、平成29年3月18-20日、京都市

  11. 雨宮駿, 豊田隼斗, 浜本晋, 鎌形清人, 古田忠臣, 井原邦夫, 斎藤浩美, 小林弘, 魚住信之

    高浸透圧条件下における大腸菌機械受容チャネルYbdGのC末端領域の機能解析
    日本農芸化学会2017年度大会、平成29年3月18-20日、京都市

  12. 上原千央、星直美、浜本晋、魚住信之

    出芽酵母のストレス応答に関わる新規4つの陽イオンチャネルの機能解析
    日本農芸化学会2017年度大会、平成29年3月18-20日、京都市



平成27年度                                                                                           

  1. Uozumi, N.
    Comparative analysis of K transport system
    Denmark-Japan Joint Mini workshop on ion transport proteins. Sept. 2, 2015, Yokohama

  2. Ellen, 星直美,蘇怡欣,七谷圭,浜本晋,魚住信之
    RbおよびCsの透過性を有する大腸菌K取込み輸送体Kupの解析
    第67回日本生物工学会大会,平成27年10月26-28日,鹿児島市

  3. 菅原慶太,早坂俊亮,浜本晋,井原邦夫,斎藤浩美,小林弘,魚住信之
    大腸菌の陰イオン感受性変異株の単離と陰イオン耐性遺伝子の同定
    第67回日本生物工学会大会,平成27年10月26-28日,鹿児島市

  4. シアノバクテリアのポリアミンを介したバイオフィルム誘導機構の 解明
    西坂敦、解良康太、七谷圭、佐伯千香、Nur Illany binti Mohd Siran、牧野恒平、魚住信之
    藍藻の分子生物学2015, 平成27年11月16-17日,木更津市

  5. 吉澤優一朗,永山達也,解良康太,七谷圭,鈴木石根,魚住信之
    Synechocystis sp. PCC6803の高塩ストレス誘導型バイオフィルム形成におけるヒスチジンキナーゼhik43の解析
    藍藻の分子生物学2015, 平成27年11月16-17日,木更津市

  6. Hasegawa,T., Sakuma, S., Nanatani, K., Uozumi N., Arai,F
    Mechanical Characterization of a Single Synechocystis sp. PCC 6803
    Int. Symp. on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2015), Nov. 23-25 2015,Nagoya

  7. 長谷川貴之,佐久間臣耶,魚住信之,新井史人
    環境適応機能評価のためのラン藻のオンチップ機械的特徴量計測
    化学とマイクロ・ナノシステム学会第32回研究会 平成27年11月26-27日、北九州市

  8. 魚住信之
    生体膜で機能するイオンチャネル・トランスポーターの機能と役割
    東北固体イオニクス研究会,平成27年11月6
    日,仙台市

  9. 長谷川貴之,佐久間臣耶,魚住信之,新井史人
    浸透圧ストレス適応機能評価のためのラン藻のオンチップ機械的特徴量計測
    計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  平成27年12月14-16日、名古屋市

  10. Hamamoto, S., Yabe, I., and Uozumi, N.
    Regulatory mechanism of TRP channel in yeast tonoplast
    2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), Dec. 15-20 2015,Honolulu Hawai,USA

  11. 魚住信之
    放射性元素を用いた植物Na・K輸送体の生理的役割の解明
    放射性同位元素(RI)製造計画と多分野におけるRI利用の現状 ELPH 研究会,平成28年2月8-9日,仙台

  12. 齋藤俊也, 浜本晋, 内海俊彦, 守屋康子, 松浦愛子, 佐藤陽子, 野口寛人,戸澤譲, 山内清司, 橋本研志, Jörg Kudla, 魚住信之
    シロイヌナズナCPKの脂質修飾による細胞内局在調節および輸送体活性調節の解析
    第57回日本植物生理学会年会,平成28年3月18-20日,盛岡


  13. 竹林昂亮, 齋藤俊也, 内海俊彦, 守屋康子, 加藤恵, 佐藤陽子, 武藤潤,越智直樹, 橋本研志, Katrin Held, Jörg Kudla、上田実,
    横山隆亮, 西谷和彦, 浜本晋, 魚住信之

    シロイヌナズナCBL5の発現解析と脂質修飾による細胞内局在調節機構の解析
    第57回日本植物生理学会年会,平成28年3月18-20日,盛岡

  14. Oikawa, T., Ishimaru, Y., Munemasa, S., Murata, Y., Washiyama, K., Hamamoto, S., Uozumi, N., Yoshikawa, N., and Ueda, M.
    Outward-rectifying K+ channel SPORK2 regulates nyctinastic leaf folding of Samanea saman
    第57回日本植物生理学会年会,平成28年3月18-20日,盛岡

  15. 三島枝里子, 佐藤陽子, 阪口雅郎, 魚住信之
    KvAPカリウムチャネルの電位センサーの膜組込み機構
    日本農芸化学会2016年度大会, 平成28年3月27-30日, 札幌市

  16. 上原千央, 星 直美, 浜本 晋, 魚住 信之
    酵母の細胞壁合成に関わる新規膜タンパク質の機能解析
    日本農芸化学会2016年度大会, 平成28年3月27-30日, 札幌市

  17. 及川貴也, 石丸泰寛, 宗正晋太郎, 村田芳行, 鷲山研人, 浜本 晋, 魚住信之, 吉川信幸, 上田 実
    アメリカネムノキの就眠を制御するK+チャネルSPORK2の機能解析
    日本農芸化学会2016年度大会, 平成28年3月27-30日, 札幌市



平成26年度                                                                                           

    1. Uozumi, N., Nanatani, K., Soma, S., Sato, Y., Aizawa, K., Ezure, T., Ando, E.
    Cell-free system for membrane protein production from cultured insect cells
    ASBMB 2014, April 29 (26-30) 2014, San Diego, USA

      2. 齋藤俊也, 武藤潤, 小林真由美, 佐藤陽子, 浜本晋, 魚住信之
    Ca2+結合タンパク質の脂質修飾による細胞膜への移行
    化学系学協会東北大会 平成26年9月20-21日、米沢市

  3. 浜本 晋, 村西敏郎, 齋藤俊也, 馬渕志奈, 矢部勇, Carpaneto, A., 魚住信之
    動物・植物のオルガネラ膜イオン輸送体の酵母液胞膜を用いた機能解析
    第66回日本生物工学会大会、平成26年9月9-11日、札幌市

  4. 牧野恒平,七谷圭,井田智章,澤智裕,佐伯千香,鈴木石根,兵藤守,早川芳宏,赤池孝章,魚住信之
    ラン藻の塩誘導性バイオフィルム形成に関与する二成分系c-di-GMP合成酵素の同定
    第37回日本分子生物学会年会、平成26年11月25-27日、横浜市

      5. 佐藤(金森)美有、斉藤洸、関本(佐々木)結子、及川貴也、浜本晋、石丸泰寛、内海知弥、陳静、菅野裕理、増田真二、神谷勇治、
         瀬尾光範、魚住信之、上田実、太田啓之
         ジャスモン酸応答性GTR1/NPF2.10トランスポータはジベレリンを介して雄ずいの発達を促進する
         第37回日本分子生物学会年会、平成26年11月25-27日、横浜市

      6. 及川貴也,鈴木健史,石丸泰寛,浜本晋,宗正晋太郎,村田芳行,魚住信之,上田実
          アメリカネムノキの就眠運動を制御する外向きK+チャネル
          第56回日本植物生理学会年会、平成27年3月16-18日、東京

      7. 石丸泰寛,及川貴也,鈴木健史,松浦英幸,高橋公咲,浜本晋,魚住信之,清水崇史,瀬尾光範,太田啓之,上田実
          ジャスモン酸輸送体は,非傷害部位での過剰な傷害応答を抑制する
          第56回日本植物生理学会年会、平成27年3月16-18日、東京

       8. 浜本晋、平林一輝、加藤恵,堀江智明、Schroeder, J.I., Blumwald E., 横山隆亮、西谷和彦、石川敦司,魚住信之
           シロイヌナズナNa輸送体AtHKT1の花器官の形成への関与
           第56回日本植物生理学会年会、平成27年3月16-18日、東京

       9. 永山達也、久米井智裕、牧野恒平、井田智章、赤池孝章、鈴木石根、七谷 圭、魚住信之
           シアノバクテリアSynechocystis sp. PCC6803の塩ストレス誘導性バイオフィルム形成に必要なヒスチジンキナーゼの同定と
           シグナル伝達機構
           日本農芸化学会2015年度大会、平成27年3月28-30日、岡山市

       10. 浜本晋、森泰生、矢部勇、Armando Carpaneto、魚住信之
           酵母の刺激応答性TRPチャネルとtrp欠損酵母を用いたイオン輸送体測定系の構築
           日本農芸化学会2015年度大会、平成27年3月28-30日、岡山市

       11. 石丸泰寛、及川貴也、鈴木健史、松浦英幸、高橋公咲、浜本晋、魚住信之、清水崇史、瀬尾光範、太田啓之、上田実
            ジャスモン酸輸送体による非傷害部位における傷害応答抑制機構
            日本農芸化学会2015年度大会、平成27年3月28-30日、岡山市

       12. 及川貴也、鈴木健史、石丸泰寛、浜本晋、宗正晋太郎、村田芳行、魚住信之、上田実
            アメリカネムノキの就眠運動に関わるK+チャネルの機能解析
            日本農芸化学会2015年度大会、平成27年3月28-30日、岡山市


平成25年度                                                                                           

  1. 豊田隼斗、浜本晋、魚住信之、井原邦夫、斉藤浩美、小林弘
    大腸菌の新規陰イオン輸送体の単離
    第79回日本生化学会東北支部会例会、平成25年5月11日、仙台市

  2. 江連徹、七谷圭、佐藤陽子、相澤圭師、相馬聡、内海俊彦、安藤英治、魚住信之
    昆虫培養細胞由来無細胞蛋白質合成システムを用いた膜蛋白質の合成
    第86回日本生化学会大会、平成25年9月11-13日、横浜市

  3. 七谷圭、江連徹、佐藤陽子、相澤圭師、相馬聡、安藤英治、魚住信之
    昆虫培養細胞由来無細胞系を用いた膜蛋白質の合成と機能解析
    第65回日本生物工学会大会、平成25年9月18-20日、広島市

  4. 豊田隼斗、浜本晋、小泉卓也、井原邦夫、斉藤浩美、小林弘、魚住信之
    大腸菌の新規Cl輸送体のイオン透過性
    第65回日本生物工学会大会、平成25年9月18-20日、広島市

  5. Soma,S.,Ezure,T.,Nanantani,K.,Sato,Y.,Aizawa,K.,Ando,E., and Uozumi,N.
    Use of an insect cell-free translation and translocation system for membrane proteins production
    International symposium for the 70th anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan,
    September 28-30,2013 Sendai

  6. Oikawa,T.,Ishimaru,Y.,Hamamoto,S.,Uozumi,N., and Ueda,M
    Comprehensive analysis of potassium channels in Samanea saman
    International symposium for the 70th anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan,
    September 28-30,2013 Sendai

  7. Uozumi,N.
    Uniquely evolved plant ion channels.
    Workshop,Methods for the investigation of Ion transport Machinery in biological Membranes
    ITALY in JAPAN 2013,October 16,2013 Tokyo

  8. 魚住信之
    環境適応の根底で機能するイオン輸送
    名城大学DNA講演会 平成25年11月9日、名古屋市

  9. 魚住信之

    イオン環境の異なる微生物,植物,動物で機能するKとNaの輸送系の相違と共通性
    第26回蔵王カンファレンス 平成26年1月31日,山形市

  10. 齋藤俊也、浜本晋、武藤潤,魚住信之
    シロイヌナズナCPKの脂質修飾による陰植物の気孔開閉に関与するイオン輸送体とその活性調節の解析制御因子に関する研究
    第55回日本植物生理学会大会 シンポジウム、平成26年3月18-20日,富山市

  11. 魚住信之、浜本晋、七谷圭
    植物生存を支えるカリウム輸送 
    第55回日本植物生理学会大会 シンポジウム、平成26年3月18-20日,富山市

  12. 牧野恒平, 富永昴, 堀籠智子, 三浦のぞみ, 七谷圭, 相馬聡, 茅森俊介, 佐伯千香, 鈴木石根, 魚住信之
    シアノバクテリア Synechocystis sp. PCC 6803の塩ストレスによるバイオフィルム形成誘導メカニズムの解析
    日本農芸化学会2014年度大会、平成26年3月27-30日、川崎市

  13. 小池悠斗,七谷 圭,高橋 聡,鎌形 清人,魚住 信之
    ABCトランスポーターのATP加水分解機構
    日本農芸化学会2014年度大会、平成26年3月27-30日、川崎市

  14. 魚住信之
    生命を支えるアルカリ金属とその輸送
    ELPH研究会 平成26年3月25日、仙台市

  15. Nanatani, K., Ezure, T., Soma, S., Yoko Sato, Aizawa, K., Ando, E., and Uozumi, N.
    Cell-free membrane protein synthesis using insect cell-free system for functional studies.
    Gordon Research Conferences March 22-29, 2014, USA

平成24年度

  1. Uozumi, N., Nanatani K., and Hamamoto, S.
    Membrane transport system conferring the salinity tolerance to bacteria and plant cells.
    6th Japan-Finland Biotechnology Symposium 2012, June 5, 2012, Sendai

  2. 伊原誠、浜本晋、宮ノ入洋平、武田光広、甲斐荘正恒、矢部勇、魚住信之、山下敦子
    真菌由来TRPチャネルのマルチモーダル制御の分子基盤
    8TRPチャネル研究会TRP Channel Conference平成24615日、岡崎市

  3. Nanatani, K., Shijuku, Y., Takano, Y., Yamazaki, T., Zulkifli, L., Akai,M., Iitsuka, R., Matsumoto, H., Maruyama, H., Arai F., and Uozumi, N.
    Functional characterization of K transporters in Synechocystis sp. PCC 6803.
    The IUBMB & FEBS 2012 Congress, September 4-9 2012, Seville, Spain

  4. Shin Hamamoto, Yasuo Mori, Isamu Yabe, Nobuyuki Uozumi
    Characterization of YVC1 Channel in Yeast Vacuolar Membrane
    2012 International Ion Channel Conference, August 26 (24-27) 2012, Jeju, Korea

  5. 七谷圭、四十九俊彰、高野洋佑、山崎智子、Lalu Zulkifli、赤井政郎、飯塚龍、松本秀之、丸山央峰、新井史人、魚住信之
    Synechocystis sp. PCC 6803 の浸透圧調節に関与するKdpKトランスポーターの機能解析
    創立90周年記念 第64回日本生物工学会大会、平成241023-26日、神戸市

  6. 浜本晋 中山浩太 松本尚樹 佐藤裕樹 七谷圭 魚住信之
    植物K流入系チャネルAKT1のリン酸化活性制御
    創立90周年記念 第64回日本生物工学会大会、平成241023-26日、神戸市

  7. 真菌由来TRPチャネルのマルチモーダル制御の分子基盤
    伊原誠,浜本晋,宮ノ入洋平,武田光広,甲斐荘正恒,矢部勇,魚住信之,山下敦子
    平成241211-14日 第35回日本分子生物学会 福岡市

  8. Hamamoto,S.,Yabe,I.,and Uozumi,N.
    Characterization of non-selective cation channel YVC1 in yeast vacuolar membrane
    Nagoya Symposium-Frontiers in Structural Physioligy 2013,1,22-24 Nagoya

  9. Nanatani,K.,Nakano,S.,Kamagata,K.,Fruta,T.,Sakurai,M.,
    Takahashi,S., and Nobuyuki Uozumi,N.
    Analysis of the conformational change inthe ABC transporter
    Nagoya Symposium-Frontiers in Structural Physiology 2013,1,22-24 Nagoya

  10. 奥原達也、七谷圭、水口義裕、浜本晋、魚住信之
    Arabidopsis 膜電位依存性カリウムチャネル活性のリン酸化による制御
    第54回日本植物生理学会年会、平成25年3月21-23日

  11. 齋藤俊也、馬淵志奈、浜本晋、矢部勇、魚住信之
    シロイヌナズナ陰イオン輸送体の出芽酵母を用いた解析系の構築
    第54回日本生理学会年会、平成25年3月21-23日

  12. 冨永昇、三浦のぞみ、佐伯千香、七谷圭、魚住信之
    Synechocystis sp. PCC6803の細胞外多糖生産を調節する機構解析
    日本農芸化学会2013年度大会、平成25年3月24-27日、仙台市

  13. 清水真、七谷圭、浜本晋、黒澤友世、水谷昭文、魚住信之
    K⁺トランスポーターKupの輸送活性に必要な負電荷アミノ酸の同定
    日本農芸化学会2013年度大会、平成25年3月24-27日、仙台市

  14. Hamamoto,S.,Yabe,I.,and Uozumi,N.
    Characterization of calcium channel in yeast vacuolar membrane
    International Workshop Plant Membrane Biology 2013,3,26-31 Kurashiki

  15. Mizuguchi,Y.,Hmamoto,S.,Okuhara,T.,Nakayama,K.,Matsumoto,N.,
    Nanatani,K.,and Uozumi,N.
    Phosphorylation-dependent modulation of Arabidopsis Shaker-type K channels
    International Workshop Plant Membrane Biology 2013,3,26-31 Kurashiki


平成23年度

  1. 七谷圭、鎌形清人、高橋聡、魚住信之
    一分子FRETを用いたABCトランスポーターの動的構造変化観察システムの開発
    第6回トランスポーター研究会年会 平成23年6月11日、仙台市

  2. 浜本晋、森泰生、矢部勇、魚住信之
    巨大化酵母パッチクランプ法を用いた酵母陽イオンチャネルYVC1の機能解析
    第6回トランスポーター研究会年会 平成23年6月11日、仙台市

  3. 魚住信之
    植物イオンチャネル・トランスポーターの機能制御と分子基盤
    第6回トランスポーター研究会年会 平成23年6月11日、仙台市

  4. Mishima E., Sato Y., Zhang, L., von Heijne, G., Lee, J-K., Narita, Y., Sakaguchi, M., and Uozumi, N.
    Membrane insertion of voltage sensor-domains of Kv channels
    Gordon Research Conference, 2011,6,19-24, USA
    相澤圭師、佐藤陽子、江連徹、安藤英治、Gunnar von Heijne、魚住信之
    Tail-anchor型膜タンパク質の小胞体標的化機構の解析
    第77回日本生化学会東北支部会例会 平成23年7月23日、仙台市

  5. Kei Nanatani, Toshiaki Shijuku, Masaro Akai, Yoshinori Yukutake, Masato Yasui, Kiyoshi Onai, Megumi Morishita, Masahiro Ishiura and Nobuyuki Uozumi
    Physiological function of mechanosensitive channels in Synechocystis sp. PCC 6803
    The EMBO Meeting, 10–13 September 2011, Austria Vienna

  6. 魚住信之
    膜駆動系を構成する植物・ラン藻の輸送体
    第5回ハイスループットスクリーニングシステムと次世代DNAシーケンサーの相乗的応用、平成23年9月14日 名古屋市

  7. 濱田一茂、佐伯千香、武田幸太、鈴木石根、五十嵐一衛、古川壮一、森永康、赤井政朗、七谷圭、魚住信之
    ラン藻 Synechocystis sp. PCC 6803のバイオフィルム形成に関与する塩スト レスセンサーの同定
    第62回日本生化学会大会 平成23年9月22日、京都市

  8. 浜本晋、中村葉子、Axel Mithöher、Erich Kombrink、Wilhelm Boland、魚住信之、上田実
    ジャスモン酸配糖体によるアメリカネムノキの就眠運動の誘導 第62回日本生化学会大会 平成23年9月22日、京都市

  9. 赤井政郎、草野都、Henning Redestig、斉藤和季、森下めぐみ、小内清、石浦正寛、魚住信之
    Synechocystisグリコーゲン蓄積変異株のAqpZ遺伝子発現と代謝変動
    第63回日本生物工学会大会 平成23年9月27日、小金井市

  10. 七谷圭、佐伯千香、濱田一成、鈴木石根、五十嵐一衛、古川壮一、森永康、赤井政郎、魚住信之
    シアノバクテリアSynechocystis sp. PCC6803の塩ストレスによるバイオフィルム形成誘導
    第63回日本生物工学会大会 平成23年9月27日、小金井市

  11. 浜本晋、森泰生、矢部勇、魚住信之
    酵母液胞膜の主要陽イオンチャネルYVC1のCa依存性とCysの特性評価
    第63回日本生物工学会大会 平成23年9月27日、小金井市

  12. 魚住信之
    植物のセシウム吸収力について
    西郷村・生物工学シンポジウム 平成23年11月17日、福島県西郷村

  13. 浜本晋、魚住信之
    物質集積と駆動力形成を担う液胞イオンチャネルの解析
    第53回日本植物生理学会年会 平成24年3月16日、京都市

  14. 武藤潤、佐藤陽子、小林(田渕)真由美、松浦愛子、山内清司、戸澤譲、内海俊彦、魚住信之
    耐塩性に関与するArabidopsis CBLの脂質修飾の解析
    第53回日本植物生理学会年会 平成24年3月16日、京都市

  15. 南雲隆太, 七谷圭, 山形敦史, 深井周也, 魚住信之
    Arabidopsis thaliana Shakerチャネルの昆虫細胞系構築とリン酸化部位の検討
    第53回日本植物生理学会年会 平成24年3月16日、京都市

  16. 七谷圭、佐伯千香、冨永昂、東恭平、五十嵐一衛、古川壮一、森永康、赤井政郎、魚住信之
    シアノバクテリア Synechocystis sp. PCC6803のバイオフィルム形成に関与するポリアミン合成酵素系の検討
    日本農芸化学会2012年度大会 平成24年3月24日 京都市

  17. 中山浩太、松本尚樹、浜本晋、魚住信之
    Shaker型K+チャネルファミリーに保存されている活性制御部位の解析
    日本農芸化学会2012年度大会 平成24年3月25日 京都市

  18. 佐藤陽子、相澤圭師、三島枝里子、江連徹、安藤英治、阪口雅郎、魚住信之
    無細胞膜組込み系を用いたTail-anchor型膜タンパク質とマルチスパン膜タンパク質の解析
    日本農芸化学会2012年度大会 平成22年3月25日 京都市

  19. 浜本晋、森泰生、矢部勇、魚住信之
    酵母液胞膜のCa2+透過性イオンチャネルYVC1の活性調節機構と生理的役割
    日本農芸化学会2012年度大会 平成24年3月25日 京都市

平成22年度

  1. 相澤圭師、佐藤陽子、吉村昌一郎、江連徹、安藤英治、伊東昌章、魚住信之
    昆虫由来無細胞系の効率化と膜タンパク質の膜組込み試験
    日本生化学会東北支部第76回例会、平成22年5月8日、福島市

  2. Aiko SATO, Yuki SATO, Youichiro FUKAO, Masayuki FUJIWARA, Taishi UMEZAWA, Kazuo SHINOZAKI, Takao HIBI, Mitsutaka TANIGUCHI, Hiroshi MIYAKE, Dreck GOTO, Franco Gambale, Ingo Dreyer, and Nobuyuki UOZUMI
    Phosphorylation of specific residues in the KAT1 potassium channel reduces transport activity through both calcium-dependent and -independent signal pathways.
    Salt & Water Stress In Plants, Gordon Research Conferences. 2010,7,13-18  Les Diablerets, Switzerland

  3. Uozumi N, Sato A, Sato Y, Fukao Y, Fujiwara M, Umezawa T, Shinozaki K, Hibi T, Taniguchi M, Miyake M, Dreyer I, Gambale F, Goto D.
    KAT1 is differentially phosphorylated by SnRK2.6 and calcium-dependent kinase, which reduces its transport activity.
    XV International Workshop on Plant Membrane Biology, 2010, 9,19-24 Adelaide, Australia

  4. Shin Hamamoto, Yasuo Mori, Isamu Yabe, Nobuyuki Uozumi
    Functional analysis of nonselectivte cation channel YVC1 in yeast vacuolar membrane.
    XV International Workshop on Plant Membrane Biology, 2010,9,19-24 Adelaide, Australia

  5. 七谷圭、高野洋佑、鈴木石根、四十九俊彰、魚住信之
    高・低浸透圧ストレス適応に寄与するラン藻 Synechocystis PCC6803のKdp・Msc膜輸送系の解析
    日本農芸化学会東北支部・北海道支部合同支部大会(東北支部第145 回大会)、平成22年9月28日、仙台市

  6. 浜本晋、森泰生、矢部勇、魚住信之
    巨大化酵母パッチクランプ法を用いた酵母陽イオンチャネルYVC1の輸送特性
    第62回日本生物工学会大会、平成22年10月29日、宮崎市

  7. 七谷圭、佐伯千香、武田幸太、四十九俊彰、五十嵐一衛、魚住信之
    ラン藻 Synechocystis sp. PCC6803のポリアミン生合成関連酵素の浸透圧耐性への寄与
    第62回日本生物工学会大会、平成22年10月29日、宮崎市

  8. 佐伯千香、七谷圭、武田幸太、四十九俊彰、五十嵐一衛、魚住信之
    ラン藻 Synechocystis sp. PCC6803の浸透圧ストレスによるバイオフィルム形成誘導機構の解明
    BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会)、平成22年12月9日、神戸市

  9. 佐藤陽子,相澤圭師,小林(田渕)真由美,吉村昌一郎,魚住信之
    Tail-anchor型膜タンパク質のER 膜標的化および膜挿入における電荷残基の役割の解析
    BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会)平成22年12月9-10日神戸市

  10. 武藤潤、佐藤陽子、小林(田渕)真由美、安藤陸仁、山内清司、戸澤譲、内海俊彦、魚住信之 CDPK/CPK-SnRK とCBLの膜移行シグナルとなる脂質修飾の解析
    第52回日本植物生理学会、平成23年3月20日、仙台市

  11. 濱田一茂、佐伯千香、武田幸太、鈴木石根、五十嵐一衛、古川壮一、森永康、赤井政朗、七谷圭、魚住信之
    シアノバクテリアSynechocystis sp. PCC6803におけるバイオフィルム形成による塩ストレス耐性獲得機構の解明
    第52回日本植物生理学会年会、平成23年3月20日

  12. 浜本晋、中村葉子、Axel Mithöher、Erich Kombrink、Wilhelm Boland、魚住信之、上田実
    ジャスモン酸配糖体のCOI1-JAZ複合体非依存的な就眠運動の活性化機構
    第52回日本植物生理学会、平成23年3月21日、仙台市

  13. 浜本晋、森 泰生、矢部勇、魚住信之
    酵母液胞膜局在性陽イオンチャネルYVC1の活性化機構の解析
    日本農芸化学会2011年度大会、平成23年3月27日、京都市

  14. 七谷圭、高野洋佑、鈴木石根、四十九俊彰、赤井政郎、魚住信之
    シアノバクテリアSynechocystis sp. PCC6803の浸透圧ストレス適応に関与する膜輸送システム
    日本農芸化学会2011年度大会、平成23年3月27日、京都市

平成21年度

  1. 浜本晋、森泰生、矢部勇、魚住信之
    酵母液胞膜内在性陽イオンチャネルYVC1の電気生理学的性質
    日本生化学会東北支部第75回例会、平成21年5月9日、仙台市

  2. 佐藤陽子、三島枝里子、張麗艶、阪口雅郎、魚住信之
    K+チャネル膜電位センサーの形成機構の解明
    日本生化学会東北支部第75回例会、平成21年5月9日、仙台市

  3. Hamamoto, S, Yabe, I and Uozumi N. Characterization of pH-dependent tobacco potassium channel NtTPK1 using yeast patch clamp technique   JBS Biofrontier Symposium on Biochemistry of pH Homeostasis and Proton Circuit第8回JBS バイオフロンティアシンポジウム「pH 恒常性とプロトン循環の細胞生化学」2009, 7,23  Morioka, Japan

  4. 杉本佑、石川敦司、魚住信之
    Na輸送系AtHKT1とAtNHX1による植物の耐塩性機構の解析
    第61回日本生物工学会大会、平成21年9月24日、名古屋市

  5. Lalu Zulkifli, 魚住信之
    Study on the regulation mechanism of Na-dependent K transporter Ktr system from Synechocystis.
    第61回日本生物工学会大会、平成21年9月24日、名古屋市

  6. 浜本晋、矢部勇、魚住信之
    酵母を用いたパッチクランプ法による植物液胞膜K+チャネルの機能特性の解明
    第82回日本生化学会大会シンポジウム、平成21年10月22日、神戸市

  7. 三島枝里子、佐藤陽子、張麗艶、阪口雅郎、魚住信之
    K+チャネル膜電位センサーのトポロジー形成機構の解明
    第82回日本生化学会大会、平成21年10月22日、神戸市

  8. 浜本晋、森泰生、矢部勇、魚住信之
    酵母液胞膜に発現するYVC1チャネルの機能解析
    第82回日本生化学会大会、平成21年10月24日、神戸市

  9. Uozumi N.
    Mechanisms for K transport in plants: NtTPK1 at the vacuole membrane and KAT1 at the plasma membrane
    International symposium on plant membrane transport,
    2010, 3, 12-13, Tokyo

  10. 佐藤愛子、佐藤祐樹、深尾陽一朗、藤原正幸、梅澤泰史, 篠崎一雄、日竎隆雄、谷口光隆、 三宅博、後藤デレック、魚住信之
    シロイヌナズナK+チャネルの輸送活性調節機構に関する検討
    第51回日本植物生理学会年会 平成22年3月18日、熊本市

  11. 赤井政郎、小内清、森下めぐみ、草野都、佐藤繭子、Henning Redestig、小林誠、大槻瞳、松岡健、豊岡公徳、斉藤和季、石浦正寛、魚住信之
    光混合栄養生長に必要なSynechocystis sp. PCC 6803アクアポリンの解析
    第51回日本植物生理学会年会 平成22年3月21日、熊本市

  12. 望月祥太郎、浜本晋、矢部勇、魚住信之
    出芽酵母の液胞膜に存在する新規イオン輸送体の機能解析
    日本農芸化学会2010年度大会 平成22年3月27日 東京

  13. 七谷圭、四十九俊彰、魚住信之
    ラン藻Synechocystis sp. PCC6803機械受容チャネルの低浸透圧適応への関与の検討
    日本農芸化学会2010年度大会 平成22年3月28日 東京

  14. 高野洋佑、林琢磨、鈴木石根、四十九俊彰、七谷圭、魚住信之
    ラン藻のKトランスポーターKdpの発現制御機構
    日本農芸化学会2010年度大会 平成22年3月29日 東京

平成20年度

  1. 戸澤 譲、山内清司、魚住信之、遠藤弥重太
    コムギ無細胞翻訳系を利用した植物タンパク質のミリストイル化機構解明
    日本農芸化学会2009年度大会 平成21328日 福岡市

  2. 中村葉子、浜本晋、宮武良至、魚住信之、上田 実
    Albizzia属就眠分子の構造活性相関研究と細胞応答
    日本農芸化学会2009年度大会 平成21328日 福岡市

  3. 三島枝里子、張 麗艶、阪口 雅郎、佐藤 陽子、魚住 信之
    膜電位依存性KチャネルKvAPの膜挿入機構
    日本農芸化学会2009年度大会 平成21年3月28日 福岡市

  4. 佐藤愛子、谷口光隆、三宅博、梅澤泰史、篠崎一雄、後藤デレック、魚住信之
    KAT1のリン酸化によるK+輸送活性調節
    日本農芸化学会2009年度大会 平成21年3月27-29日、福岡市

  5. 四十九俊彰, 飯塚龍, 松本秀之, 新井史人, 魚住信之
    マイクロ流路を用いたラン藻の高浸透圧ストレスに対する適応機構のリアルタイム観察
    第50回日本植物生理学会年会 平成21年3月21日、名古屋市

  6. Sato, A., Taniguchi, M., Miyake, H., Umezawa, T., Shinozaki, K., Goto, D.B., Uozumi, N.
    Phosphorylation Of KAT1 C-terminus Modulates K+ Uptake Activity
    Biophysical Society 53rd Annual Meeting 2009, 2, 28-3, 4, Boston, USA

  7. Uozumi, N
    Characterization of vacuolar channels in heterologous expression systems. XIII International School for Pure and Applied Biophysics 2009, 1, 28 Venice, Italy

  8. 浜本晋、横関孝太、森泰生、矢部勇、魚住信之
    酵母液胞膜YVC1チャネルの酵母液胞膜パッチクランプ解析
    31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会
    平成20129-12日、神戸市
  9. 浜本晋、矢部勇、魚住信之
    タバコ液胞型Kチャネルの酵母を用いたパッチクランプ解析
    日本生体エネルギー研究会第34回討論会 平成20年11月7日、東京

  10. Fumihito Arai, Hideyuki Matsumoto, Toshiaki Shijuku, and Nobuyuki Uozumi
    Micropatterning of hydrogel and on-chip long time monitoring of individual cells in a cage. The 12th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, 2008, 10, 15, San Diego

  11. 魚住信之
    大腸菌と酵母を宿主として利用する植物イオンチャネル・トランスポーターの解析法
    第60回日本生物工学会大会シンポジウム、平成20年8月28日、仙台市

  12. 四十九俊彰、松本秀之、赤井政郎、新井史人、魚住信之
    マイクロ流路を用いたラン藻の浸透圧適応のリアルタイム観察
    第60回日本生物工学会大会、平成20年8月28日、仙台市

  13. 浜本晋、森泰生、中西洋一、前島正義、矢部勇、魚住信之
    植物K+チャネルの酵母液胞膜を用いたパッチクランプ法による特性評価
    第60回日本生物工学会大会、平成20年8月28日、仙台市

  14. Uozumi, N.
    Membrane topogenesis of the voltage-dependent K channels
    Plant Neurobiology 2008, 6, 6-9, Fukuoka

  15. 新井史人、松本秀之、四十九俊彰、魚住信之
    オンチップ細胞操作に関する研究-その8:ハイドロゲルの微細パターンを用いたオンチップ細胞観察システム-
    ロボティクス・メカトロニクス講演会2008 ROBOMEC 2008 in NAGANO 平成2065-7

  16. 新井史人、松本秀之、四十九俊彰、魚住信之
    オンチップ細胞操作に関する研究-その8:ハイドロゲルの微細パターンを用いたオンチップ細胞観察システム-
    ロボティクス・メカトロニクス講演会2008 ROBOMEC 2008 in NAGANO 平成20年6月5-7日

平成19年度

  1. 魚住信之
    細胞の膨張と収縮に関与するイオンチャネル
    日本農芸化学会2008年度大会シンポジウム 平成19年3月26-29日、名古屋市

  2. 青木志保、織田恵介、尾崎俊亮、白井理、宗正晋太郎、村田芳行、魚住信之、日び隆雄
    Arabidopsis thaliana由来カリウムイオンチャネルKAT1の精製
    日本農芸化学会2008年度 平成19年3月26-29日、名古屋市

  3. 浜本晋、森泰生、矢部勇、魚住信之
    酵母の液胞膜に発現しているイオンチャネルの性質
    日本農芸化学会2008年度 平成19年3月26-29日、名古屋市

  4. 四十九俊彰、魚住信之
    真正細菌ラン藻の浸透圧適応機構に関与するイオンチャネルの解析
    日本農芸化学会2008年度 平成19年3月26-29日、名古屋市

  5. 武田幸太、東恭平、五十嵐一衛、魚住信之
    真正細菌ラン藻におけるポリアミンの合成機構及び浸透圧適応
    第49回日本植物生理学会 平成20年3月20-22日 札幌市

  6. 佐藤愛子、谷口光隆、三宅博、Franco Gambale、Ingo Dreyer、後藤デレック、魚住信之
    シロイヌナズナKチャネルKAT1のリン酸化によるK透過調節とリン酸化部位の検討
    第49回日本植物生理学会 平成20年3月20-22日 札幌市

  7. 吉田久美、三木直子、桃井千巳、河内美樹、近藤忠雄、岡崎芳次、加藤潔、前島正義、魚住信之
    空色西洋アサガオの開花に伴う青色化と伸長生長におけるItNHX1の役割
    第49回日本植物生理学会 平成20年3月20-22日 札幌市

  8. Zhang, L.., Sato, Y., Hessa, T., von Heijne, G., Lee, J-K., Kodama, I., Sakaguchi, M., Uozumi, N.
    Membrane integration of the voltage sensor of the Shaker channel
    52th Biophysical Meeting 2008, 1, 31 - 2, 6, Long Beach, CA, USA

  9. 張麗艶、佐藤陽子、李鍾国、児玉逸雄、成田裕司、Tara Hessa、Gunnar von Heijne、阪口雅郎、魚住信之Shakerチャネルのトポロジー形成における疎水的および静電相互作用の役割
    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会
    平成19年12月11-15日、横浜市

  10. 高山さゆり、伊藤智和、魚住信之、中村辰之介、邊見 久、吉村 徹
    E. coli TK2420株のカリウム取り込み欠損に対するyggS、yggTの相補性
    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会
    平成19年12月11-15日、横浜市

  11. 魚住信之
    ラン藻におけるカリウム輸送
    ラン藻研究会2007 平成19年12月3-4日、木更津市

  12. Nobuyuki Uozumi
    Structure and function of K channel and Na/K transporter
    The 2nd Membrane Protein Conference, 2007, 11, Daejeon Korea

  13. 恒川健太、四十九俊彰、小島陽一、林本光雄、小林弘、中村辰之介、黒田照夫、小俣達男、魚住信之
    ラン藻Synechocystis sp. PCC6803におけるNa+/H+ antiporter(nhaS3)の解析
    第59回日本生物工学会大会、平成19年9月、東広島市

  14. Hamamoto, S., Marui, J., Matsuoka, K., Mimura, T., Nakagawa, T., Murata, Y., Nakanishi, Y., Maeshima, M., Yabe I., and Uozumi, N.
    Functional expression of tobacco K+ channels in yeast tonoplast.
    the 14th international workshop of the Plant Membrane Biology. 2007. 6., Valencia, Spain

  15. Zhang, L., Sato, Y., Hessa, T., von Heijne, G., Lee, JK., Kodama, I., Sakaguchi, M. and Uozumi, N.
    Contribution of hydrophobic and electrostatic interactions to the membrane integration of the K channel voltage sensor domain
    the 14th international workshop of the Plant Membrane Biology. 2007. 6., Valencia, Spain

  16. Kobayashi, D., Uozumi, N., Hisamatsu, S. and Yamagami, M.
    Expression and functional characterization of AtKUP/HAK/KT9 transporter in E. coli.
    the 14th international workshop of the Plant Membrane Biology. 2007. 6., Valencia, Spain

  17. Yamagami, M., Kobayashi, D., Hisamatsu, S. and Uozumi, N.
    Expression and functional characterization of AtCNGC17 transporter in E. coli.
    the 14th international workshop of the Plant Membrane Biology. 2007. 6., Valencia, Spain

平成18年度

  1. Lalu Zulkifli, 加藤直樹, 魚住信之
    KトランスポーターSynechocystis KtrBの輸送機能に関与する残基の同定と役割
    日本農芸化学会2007年度大会 平成19年3月、東京

  2. 山崎智子、赤井政郎、四十九俊彰、松田信行、魚住信之
    ラン藻Synechocystis sp. PCC 6803のKdp系輸送体の機能解析
    日本農芸化学会2007年度大会 平成19年3月、東京

  3. 浜本晋、丸井淳一郎、松岡健、三村哲郎、中川強、村田芳行、中西洋一、前島正義、矢部勇、魚住信之
    タバコK+チャネルの酵母液胞膜を用いたパッチクランプ解析
    第48回日本植物生理学会 平成19年3月 松山市

  4. Zhang, L. and Uozumi, N.
    Membrane topogenesis of the voltage dependent K channels
    Membrane Transport as a Universal Biological Mechanism 2007, 1 Kyoto

  5. 浸透圧・塩ストレスに対する微生物と植物の膜輸送系
    資源生物科学研究所セミナー 平成18年 10月 岡山大学

  6. Uozumi, N.
    Membrane topogenesis of the voltage dependent K channels
    17th Ion Channel Meeting 2006, 9 Gien France

  7. Kobayashi, D., Uozumi, N., and Yamagami, M.
    Isolation and functional expression of AtKUP9 from Arabidopsis in E.coli
    Plant Biology 2006, 2006, 8 Boston USA

  8. Uozumi, N.
    Membrane Topogenesis of K channels
    Institute of Biophysics Seminar 2006 7, Genoa Italy

  9. Zhang, L., Sakaguchi, M., Sato, Y., Lee, Jong-Kook, Kodama, I., Hessa, T., von Heijne, G. and Uozumi N.
    Biogenesis and topology of a voltage-gated K+ (Kv) channel
    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress 2006, 6, Kyoto

平成17年度

  1. Kato, N., Akai, M., Matsuda, N., Kato, Y., Goshima, S., Hazama, A., Yamagami, M., Guy H.R., and Uozumi, N.
    Positively charged amino acids in the M2D transmembrane helix are the hallmark of Ktr/Trk/HKT-type cation transporters
    50th Biophysical Meeting 2005, 2 Salt Lake City USA

  2. 魚住信之
    生長阻害物質に対する光合成細菌の適応戦略機構
    第9回 エコトピア科学講演会 平成18年3月14日 名古屋市

  3. 赤井政郎、三野広幸、Johan Ågren、小内清、森下めぐみ、石浦正寛、挾間章博、伊藤繁、安井正人、魚住信之
    ラン藻 Synechocystis sp. PCC 6803の浸透圧調節に関わるアクアポリン
    第2回アクアポリン研究会 平成18年3月 名古屋市

  4. 赤井政郎、Johan Ågren、三野広幸、伊藤繁、岡田克彦、都筑幹夫、安井正人、魚住信之
    シアノバクテリア Synechocystis sp. PCC 6803の水チャネルの機能解析
    第47回日本植物生理学会 平成18年3月 つくば市

  5. 佐藤愛子、Franco Gambale、Ingo Dreyer、魚住信之
    シロイヌナズナK+チャネルのリン酸化に関する電気生理学的解析
    第47回日本植物生理学会 平成18年3月 つくば市

  6. 猪狩誠、阪口雅郎、森泰生、魚住信之
    TRPチャネルのin vitro 発現系によるトポロジー解析
    日本農芸化学会2006年度大会 平成18年3月、京都市

  7. 伊藤智和、鳴川晃生、逸見 久、魚住信之、吉村 徹               
    カリウム輸送系に関与する新奇ビタミンB6タンパク質の構造と機能      
    日本農芸化学会2006年度大会 平成18年3月、京都市

  8. 山本真弓、宗正晋太郎、高橋正和、魚住信之、村田芳行、小田順一、日ビ隆雄
    Arabidopsis thaliana 由来カリウムイオンチャネルKAT1発現系の構築
    日本農芸化学会2006年度大会 平成18年3月、京都市

  9. 松田信行、恒川健太、小林弘、中村辰之介、魚住信之
    高浸透圧調節に必須なラン藻・植物の輸送系の同定と機能
    日本生体エネルギー研究会第31回討論会 平成17年12月、名古屋市

  10. 松田信行、魚住信之
    Synechocystis sp. PCC6803のKtr輸送系による浸透圧調節
    かずさDNA研究所研究会ラン藻の分子生物学 平成17年12月、木更津市

  11. 赤井政郎、安井正人、魚住信之 Synechocystis sp. PCC6803の水チャネルの機能解析 かずさDNA研究所研究会ラン藻の分子生物学 平成17年12月、木更津市

  12. Liyan Zhang, Masao Sakaguchi, Yoko Sato, Jong-kook Lee, Itsuo Kodama, Nobuyuki Uozumi
    Biogenesis and topology of the voltage-gated Shaker K channel.
    第78回日本生化学会大会 平成17年10月、神戸市

  13. 山本真弓、魚住信之、村田芳行、日ビ隆雄、小田順一
    Arabidopsis thaliana 由来カリウムイオンチャンネルKAT1とGORKのS4センサー領域の発現
    日本農芸化学会中部支部第144回例会 平成17年10月、名古屋市

  14. 魚住信之
    浸透圧ストレスの緩和に関与するNa+とK+の輸送系
    第8回植物生体膜シンポジウム 平成17年9月、富山市

  15. Gong, J., Horie, T., Waner, D.A., Sunarpi, Li, S-L., Ward, J.M., Haper, JF., Uozumi, N., Salt D.E., Guerinot, M.L., Schroeder, J.I.
    Ionomics and microarray-based rapid isolation of mutant genes.
    Plant Biology 2005, 2005, 7, Seattle USA

平成16年度

  1. 松田信行、小林弘、中村辰之介、Evert Bakker、加藤大和、小川晃男、魚住信之
    浸透圧調節に必須なラン藻のNaで活性化するKトランスポーターの解析
    第46回日本植物生理学会年会 平成17年3月、新潟コンベンションセンター朱鷺メッセ

  2. 魚住信之
    植物・微生物の耐塩性・高浸透圧耐性に関するNa/Kトランスポーター
    日本農芸化学会2005年度大会シンポジウム 平成17年3月、札幌市

  3. 浜本晋、松岡健、中川強、魚住信之
    タバコK+チャネルの機能解析
    日本農芸化学会2005年度大会 平成17年3月、札幌市

  4. Uozumi, N
    Na+/K+ transport proteins are essential for adaptation to salinity stress and hyperosmotic stress in bacteria and plant
    The 3rd Indonesia Biotechnology Conference 2004.12., Bali, Indonesia

  5. Tokita, Y., Ibuki, T., Matsuda, N., Ona, T., Czempinski, K., Mueller-Roeber, B., and Uozumi, N.,
    Functional analysis of Arabidopsis K+ channels.
    日本生物工学会平成16年度大会 平成16年9月、名古屋市

  6. Hayashimoto, M., Kojima, Y., Matsuda, N., Kobayashi, H., Nakamura, T., Katoh. H., Ogawa, T., Bakker E., P., and Uozumi, N,
    Invoivement of cation transporters in Na+ homeostasis in Synechocystis sp. PCC6803
    第77回日本生化学会大会 平成16年10月、横浜市

  7. 魚住信之
    植物のイオン輸送系の構造と機能に関する研究
    日本農芸化学会中部支部第140回例会 平成16年6月、岐阜市

  8. Sato, Y., Umigai, N., Sakaguchi, M., and Uozumi N.:
    Membrane topogenesis of K channels, KAT1, Kir2.1 and KcsA.
    The 14th International Workshop on Plant Membrane Biology
    2004. 7., Montpellier, France

  9. Sunarpi, Motoda, J., Kubo, M., Hattori, H., Konomi, M., Kamasawa, N., Osumi, M., Yamagami, M., Horie, T., Schroeder, J.I., Uozumi, N.:
    Expression Pattern of AtHKT1 in Arabidopsis thaliana
    The 14th International Workshop on Plant Membrane Biology
    2004. 7., Montpellier, France

  10. Matsuda, N., Kobayashi, H., Katoh, H., Ogawa, T., Futatsugi, L., Nakamura, T., Bakker, E.P., and Uozumi, N.:
    The Na+-Regulated K+ Uptake System Is Essential for Adaptation to Hyperosmotic Stress by Cyanobacterium, Synechocystis sp. PCC6803.
    The 14th International Workshop on Plant Membrane Biology
    2004. 7., Montpellier, France

平成15年度

  1. Uozumi, N.
    Improvement of Na+/K+ transport proteins in salt tolerance and osmoadaptation.
    Plant Winter Conference, 2004, February, Pohang, Korea

  2. Sato, Y., Sakaguchi, M., Goshima, S., Nakamura, T., and Uozumi N.
    Topogenesis of the voltage sensor in Arabidopsis K channel, KAT1.
    Plant Biology 2003, 2003. 7., Hawaii, USA

  3. Matsuda, N., Kobayashi, H., Nakamura, T., Bakker E.P., Kato, H., Ogawa, T., and Uozumi, N.
    Functional analysis of K+ transporter Ktr from Synechocystis sp. PCC6803.
    Plant Biology 2003, 2003. 7., Hawaii, USA

  4. Kato, Y., Hazama, A., Yamagami, M., Guy, H.R., and and Uozumi N.
    Identification of modifications in cation selectivity of the Arabidopsis Na+ translocating AtHKT1 protein.
    Plant Biology 2003, 2003. 7., Hawaii, USA

  5. 魚住信之
    塩と浸透圧の環境変化に応答する植物膜輸送系
    産官学連携植物科学シンポジウム、平成15年8月、名古屋市

  6. Sato, Y., Sakaguchi, M., Goshima, S., and Uozumi N.
    Contribution of negatively and positively charged residues in S2, S3, and S4 to the final membrane topology of the voltage sensor in the K+ channel, KAT1.
    HUPO 2nd Annual & IUBMB XIX Joint World Congress, 2003. 10., Montriol, Canada

  7. Umigai, N., Sato,Y., Mizutani, A., Utsumi, T., Sakaguchi, M., and Uozumi, N.:
    Topogenesis of two transmembrane type K+ channels, Kir2.1 and KcsA.
    HUPO 2nd Annual & IUBMB XIX Joint World Congress, 2003. 10., Montriol, Canada

  8. Sato, Y., Sakaguchi, M., Goshima, S., Nakamura, T., and Uozumi N.
    Contribution of electrostatic interaction on membrane integration of Shaker-type voltage dependent K+ channel.
    第76回日本生化学会大会、平成15年10月、横浜市

  9. Umigai, N., Sato,Y., Mizutani, A., Utsumi, T., Sakaguchi, M., and Uozumi, N.
    Membrane topogenesis of two transmembrane type K+ channels, Kir2.1 and KcsA.
    第76回日本生化学会大会、平成15年10月、横浜市

  10. Iida, T., Imai, K., Inui, T., Uozumi, N., and Kamo, M.
    Membrane-bound heparin binding proteins from HL-60 cells purified in a two-step affinity chromatography differentially eluted with divalent cations.
    第76回日本生化学会大会、平成15年10月、横浜市

  11. 加藤直樹,加藤靖浩,狭間博章,山上睦,H.Robert,GUY,魚住信之
    シロイヌナズナAtHKT1のM2D膜貫通部位に含まれる塩基性アミノ酸のイオン輸送への関与
    農芸化学会2004度大会 平成16年3月

平成14年度

  1. Uozumi, N.
    Structure and function of the Arabidopsis Na+-translocation AtHKT1 protein.
    Gordon Research Conference. 2002. 7., Oxford, UK

  2. 魚住信之
    シロイヌナズナNa+/K+輸送体(AtHKT1)の構造と機能。
    第12回八王子セミナー、平成14年8月、東京都八王子市

  3. 佐藤陽子、阪口雅郎、五島志伸、中村辰之介、魚住信之
    K+チャネル膜貫通部位の親水性残基のトポロジー形成における役割。
    第75回日本生化学大会、平成14年10月、京都

  4. 海貝尚史、佐藤陽子、阪口雅郎、水谷昭文、魚住信之
    K+チャネル構造形成における膜貫通領域の基本特性。
    第54回日本生物工学会大会、平成14年10月、大阪

  5. 魚住信之
    植物Kチャネル・トランスポーターの構造と機能。
    理化学研究所植物科学研究センターセミナー 平成15年2月 横浜

  6. Uozumi, N.
    Integration of Shaker type K+ channels into the ER membrane.
    IUPSシンポジウム、第76回日本薬理学年会・第80回日本生理学会大会合同会議
    平成15年3月福岡

  7. 松田信行、小林弘、中村辰之介、Evert Bakker、加藤大和、小川晃男、魚住信之
    らん藻Synechocystis sp. PCC6803のK+トランスポーターの機能解析。
    日本植物生理学会2003年度年会、平成15年3月、東大阪

  8. 加藤靖浩、佐藤陽子、魚住信之
    植物の成長と塩感受性に関与するカリウムとナトリウムの輸送制御。
    日本植物生理学会2003年度年会シンポジウム、平成15年3月、東大阪

平成13年度

  1. 加藤靖浩、阪口雅郎、森泰生、斉藤久美子、中村辰之介、Bakker,E.P.、佐藤陽子、五島志伸、魚住信之
    Na+/K+トランスポーターは4 x Membrane-Pore Membrane構造を形成する。
    第65回日本生化学会中部支部例会、平成13年5月、名古屋

  2. 佐藤陽子、阪口雅郎、中村辰之介、五島志伸、魚住信之
    Shaker型K+チャネルのArg-rich膜貫通領域の組み込みを説明する新規様式。
    第65回日本生化学会中部支部例会、平成13年5月、名古屋

  3. Sato, Y., Sakaguchi, M., Nakamura, T., Goshima, S. and Uozumi, N.
    Integration of Shaker-type K+ channel, KAT1 into the endoplasmic reticulum membrane: synergistic insertion of voltage sensor segment.
    the 4th international conference on Biological Physics. 2001. 7., Kyoto, Japan

  4. Kato, Y., Sakaguchi, M., Mori, Y., Saito, K., Nakamura, T., Bakker, E. P., Sato, Y., Goshima, S. and Uozumi, N.
    Four transmembrane-pore-transmembrane topology model for the Arabidopsis thaliana Na+/K+ translocating AtHKT1 protein, a member of the superfamily of K+ transporters.
    the 12th international workshop of Plant Membrane Biology. 2001. 8., Madison, USA

  5. Sato, Y., Sakaguchi, M., Nakamura, T., Goshima, S. and Uozumi, N.
    Membrane topogenesis of Shaker-type K+ channel, KAT1, on the endoplasmic reticulum.
    the 12th international workshop of the Plant Membrane Biology. 2001. 8., Madison, USA

  6. Mizutani, A., Nakamura. T., Hosoo. Y., Mori. Y., Saito. K., Bakker. E. P., Kim. E. J, Schroeder. J. I., and Uozumi. N.
    Determination of membrane topology of Arabidopsis thaliana K+ transporter, AtKUP1.
    the 12th international workshop of Plant Membrane Biology. 2001. 8., Madison, USA

  7. Maser, P. , Eckelman, ., Schroeder, J. I., Yamada, K., Oiki, S., Bakker, E. P., Hosoo, Y., Goshima, S., Uozumi, N.
    Molecular dissection of K+/Na+ selectivity in HKT-type K+ transporters.
    the 12th international workshop of Plant Membrane Biology. 2001. 8., Madison, USA

  8. 佐藤陽子、阪口雅郎、五島志伸、中村辰之介、魚住信之
    K+チャネルの膜電位センサーの組み込み様式の解析。
    第74回日本生化学大会、平成13年10月、京都

  9. 中村辰之介、中山祐治、魚住信之、高倍昭洋、山口直人
    Na+/H+ antiporter NhaBのイオン輸送機構の研究。
    第74回日本生化学大会、平成13年10月、京都

  10. 水谷昭文、中村辰之介、細尾佳宏、森泰生、斉藤久美子、Bakker. E. P.、Kim. E. J、 Schroeder. J. I.、魚住信之
    K+輸送体KUPファミリーの構造と機能。
    日本農芸化学会2002年度大会、平成14年3月、仙台

  11. 加藤靖浩、魚住信之
    Na+を輸送するAtHKT1の構造解析。
    第6回植物生体膜シンポジウム、平成14年3月、倉敷

  12. 松田信行、小林弘、中村辰之介、Evert Bakker、加藤大和、小川晃男、魚住信之
    らん藻Synechocystis sp. PCC6803のK+トランスポーターの機能解析。
    日本植物生理学会2002年度年会、平成14年3月、岡山

  13. P. Maser, B. Eckelman, J. I. Schroeder, 山田克幸, 老木成稔, E. P. Bakker, 五島志伸、細尾佳宏, 魚住信之
    HKT系 Na+/K+トランスポーターのNa+/K+イオン選択性残基の同定。
    日本植物生理学会2002年度年会、平成14年3月、岡山

平成12年度

  1. Uozumi. N., Kim, E. J., Rubio, F., Yamaguchi, T., Muto, S., Tsuboi, A., Bakker, E. P., Nakamura, T., and Schroeder J. I.
    The Arabidopsis HKT1 gene homologue mediates inward Na+ currents in Xenopus oocytes and Na+ uptake in Saccharomyces cerevisiae.
    The 200 annual meeting of the American Society of Plant Physiologists. 2000. 7., San Diego, USA

  2. Pascal, M., Schroeder J. I., Hosoo Y., and Uozumi. N.
    Functional mutagenesis of the Arabidopsis cation transporter AtHKT1.
    The 200 annual meeting of the American Society of Plant Physiologists. 2000. 7., San Diego, USA

  3. 佐藤陽子、阪口雅郎、五島志伸、中村辰之介、魚住信之
    膜電位依存性Shaker型K+チャネル(KAT1)のトポロジー形成機構の解析。
    第73回日本生化学大会、平成12年10月、横浜

  4. 魚住信之
    植物Na+/K+輸送体と塩感受性。
    「砂漠CO2固定化」技術講演会 平成12年11月2日 名古屋

  5. 魚住信之
    植物のK+チャネル・Na+/K+トランスポーターの構造と機能発現。
    第17回 資源生物科学シンポジウム 平成12年12月1日、倉敷市

  6. Uozumi, N.
    Structure and function on Na+ and K+ transport proteins from plants.
    IMB seminar. 2001, 3, Academia Sinica, Taipei, Taiwan

  7. 加藤靖浩、阪口雅郎、森泰生、斉藤久美子、中村辰之介、Bakker, E.P.、佐藤陽子、五島志伸、魚住信之
    植物Na+/K+トランスポーター(AtHKT1)のトポロジー解析。
    日本植物生理学会2001年度年会、平成13年3月、福岡

  8. 久保壮央、山上陸、山口勝司、西村幹夫、松岡健、魚住信之
    Na+/K+トランスポーターAtHKT1の発現部位の解析。
    日本植物生理学会2001年度年会、平成13年3月、福岡

  9. 佐藤陽子、阪口雅郎、五島志伸、中村辰之介、魚住信之
    植物膜電位依存性K+チャネル(KAT1)の膜への組み込み機構の解析。 
    日本植物生理学会2001年度年会、平成13年3月、福岡

  10. 水谷昭文、中村辰之介、細尾佳宏、阪口雅郎、森泰生、斉藤久美子、Bakker, E.P.、Kim. E.J.、Schroeder, J.I.、魚住信之
    大腸菌を用いたシロイナズナ輸送体AtKUP1の構造決定と機能解析。 
    日本農芸化学会2001年度大会、平成13年3月、京都

  11. 文部科学省科学研究費 特定領域研究A 標的分子デザイン(H10-12年度)英文報告

平成11年度

  1. Tholema, N., Shirai, T., Uozumi, N., Guy, H. R., Bakker, E. P., Nakamura, T.
    Structure and function of K+ transporters. Gordon Research Conference, Molecular Membrane Biology.
    July, 1999, Plymouth, NH. USA .

  2. Shirai, T., N. Tholema, N.,Guy, H. R., Uozumi, N., Bakker, E. P., Nakamura. T.
    K+ transport systems, Trk, Ktr and Fku from Vibrio alginolyticus. Gordon Research Conference, Mechanisms of Membrane Transport.
    July, 1999, Plymouth, NH, USA.

  3. 加藤靖浩、中村辰之介、魚住信之
    植物K+トランスポータ(AtHKT1)の構造解析
    第72回日本生化学会、平成11年10月、横浜

  4. 白井利明、畝本力、魚住信之、染谷友美、Evert P. Bakker:中村辰之介
    K+取り込み系膜蛋白KtrBの大腸菌での発現系構築と構造解析
    第72回日本生化学会、平成11年10月 、横浜

  5. 中村辰之介、魚住信之
    イオン輸送系膜蛋白質の種を越えた共通性とその発現
    第72回日本生化学会シンポジウム、平成11年10月、横浜

  6. Uozumi N.
    Escherichia coli expression system provides a powerful tool for the study of plant K+ transporters.
    Advances in Membrane Transport Workshop. Dec. 1999, NIH, Maryland, USA

  7. Kawano, T., Pinomtoan, R., Uozumi, N., Miyake, C., Asada, K., Kolattukudy, P.E., Muto, S.
    Aromatic monoamine-induced immediate oxidative burst leading to an increase in cytosolic Ca2+ concentration in tobacco suspension culture.
    5th International Conference on Plasma Membrane Redox Systems. Hamburg, Germany, March, 2000

  8. 佐藤陽子、阪口雅郎、中村辰之介、魚住信之
    植物Shaker型膜電位依存性K+チャネルのトポロジー形成機構の解析。
    日本植物生理学会2000年度年会、平成12年3月、名古屋

  9. 松岡隆史、魚住信之、武藤尚志
    トウモロコシCa2+/H+アンチポータ遺伝子の単離とその構造。
    日本農芸化学会2000年度大会、平成12年4月、東京

  10. 魚住信之、Kim E.J.、Rubio F.、山口剛生、武藤尚志、Bakker, E.P.、中村辰之介、Schoreder, J. I.
    Arabidopsis Na+/K+トランスポーターは大腸菌で活性発現しK+輸送能を持つ。日本農芸化学会2000年度大会、平成12年4月、東京

 

 
▲ ページトップへ ▲