東 北 大 学
工学研究科附属
超臨界溶媒工学研究センター

Research Center of Supercritical Fluid Technology
Graduate School of Engineering
Tohoku University


 





  猪股研究室  溶媒要素技術部 (Engineering Fundamentals Lab)
 
 超臨界流体の溶媒要素技術に関する我国の拠点として、高温、高圧を含めた種々の物性測定方法・装置の開発と、それに基づく要素技術(特にCO2関連)の確立に関する研究を担当・推進している。
 その成果は、広く一般に公開することで、超臨界流体技術の発信拠点としての機能充実を図る。

 
 
 
教授 猪股 宏
准教授 佐藤善之
助教 大田昌樹
Professor
Associate Professor
Assistant Professor
Hiroshi Inomata
Yoshiyuki Sato
Masaki Ota
inomata@
scf.che.tohoku.ac.jp
ysato@
scf.che.tohoku.ac.jp
masa@
scf.che.tohoku.ac.jp
 メールアドレスは迷惑メール防止のため @を小文字に直してください
 
  • 高温高圧仕様の物性測定装置の開発
  • マクロ的・ミクロ的溶媒物性の解明・推算
  • 物性に基づく超臨界流体の流動・伝熱研究
  • 天然物からの生理活性物質の分離・精製
  • 超臨界CO2洗浄・クリーニングシステムの開発
  • 超臨界CO2を溶媒とした結晶製造・形態制御
  • 超臨界CO2の可塑化作用を利用したポリマー成型加工
  • 超臨界CO2を溶媒としたポリマー合成(重合・アロイ)
  • 高いCO2固定能を有する微細藻類の培養、カスケード利用法の構築
  • 高圧CO2を用いた環境調和型メタンハイドレート回収法の速度論的解析




 
  Smith研究室  システム開発部 (System Development Lab)
 
 超臨界流体を反応・分離・材料製造溶媒とする独創的利用技術のシステム構築を目指した工学的基盤研究を担当する。具体例として、高温高圧水中での加水分解、水熱合成、酸化、高圧CO2中での分離、反応の機構解明、さらにはそれのプロセス化を推進している。また、マイクロリアクターなどの微小スケール装置の適用性についてもハード・ソフト両面からの研究を検討している。
 
     
 
(兼)教授 Richard Lee Smith Jr.
准教授 渡邉 賢
助教 相田 卓
Professor
Associate Professor
Assistant Professor
Richard Lee Smith Jr.
Masaru Watanabe
Taku Michael Aida
smith@
scf.che.tohoku.ac.jp
meijin@
scf.che.tohoku.ac.jp
aida@
scf.che.tohoku.ac.jp
メールアドレスは迷惑メール防止のため @を小文字に直してください

  • 高温高圧水中でのバイオマスの有用物質変換
  • 高温高圧水を利用したプラスチックの加水分解・回収
  • グリコケミストリーの開発と物質循環システムの構築
  • 高温高圧水中での炭化水素の熱分解・重質油の改質
  • 水熱合成による無機複合酸化物微粒子の合成
  • 高温高圧マイクロリアクター・マイクロプラントの開発
  • 天然物からの食品・医薬関連成分の高効率抽出分離精製
  • イオン性液体を利用したグリーン反応系の確立
  • ハイドレート形成を利用した効率的水素貯蔵システム