平成23年度 放射線夏の学校 本文へジャンプ
放射線夏の学校 開催のご案内

2011.7.23 プログラム確定版を掲載しました。
2011.7.7 参加費内訳を明記しました。
2011.7.2
締め切りを7月10日と延長しました。
暫定プログラムを掲載しました。

 放射線夏の学校の開催は、今年で23回目を迎えます。夏の学校では、若手研究者の育成を目的に、放射線検出器の原理やその特性等の基礎的な話から、最先端の応用分野の至るまで、幅広い分野の第一線の研究者の方々をご講演いただきます。また、若手研究者によるポスター発表の機会も設けられ、同年代の研究者との活発な討論も可能です。
 平成23年度は、宮城県仙台市の秋保温泉の旅館「岩沼屋」で、8月1日(月)午後〜8月3日(水)午前の開催となります。8月の仙台市内は、まさに避暑地とも言うべき涼しさであり、秋保温泉郷も歴史ある温泉地です。皆様お誘いあわせの上、奮ってご参加ください。
 なお、放射線夏の学校は、応用物理学会 放射線分科会(第23回夏の学校)、日本原子力学会 放射線工学部会(第18回夏期セミナー)、日本原子力学会 保健物理・環境部会(第1回夏期セミナー)により開催されます。