東北大学 大学院工学研究科 バイオ工学専攻 生体機能化学講座 タンパク質工学分野
Smart Bio-Design:合理的に蛋白質をスマートに設計する

私どもは、分子進化工学とドメイン組換え設計技術をプラットフォームとして、目的構造・機能を持つタンパク質をボトムアップにスマート設計し、タンパク質研究を真の「工学」へ脱皮させることを目指しています。そして、スマート蛋白質設計技術を用いて、「医薬」「環境」「MEMS」「材料(ナノ)」の各分野において活躍できる分子を提案していくことを目標としています。

現在の研究テーマ
・腫瘍がん治療・イメージングを目的としたスマート抗体設計 (工事中)
・無機材料を識別できる抗体設計とナノテクへの応用 (工事中)
・バイオマスからの高効率バイオ燃料生産を目指した酵素設計:  ハイブリッドナノセルロソーム (工事中)